DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2011/12/03(土)   CATEGORY: ロマン主義
着衣のマハ


上:フランシスコ・デ・ゴヤ「着衣のマハ」
下:同「裸のマハ」


だいぶ日が経ってしまいましたが、国立新美術館のゴヤ展に行ってまいりました。
まだ会期中ということで、今回は目玉作品である「着衣のマハ」を中心にご紹介いたします。

ゴヤ作品だけに限らず、美術史の中でも非常に有名なこの1枚――否、「2枚」。
「着衣のマハ」「裸のマハ」対作品の片割れです。

プラド美術館からは1枚しか借りられなかったのでしょうけれど、現地で観光に来た人たちは片方しか観られず残念ではないだろうかと思います。どうもすみません、日本がお借りしております。

この題にもある「マハ」とは個人名ではなく、小粋な女性を表す名詞。
このモデルの女性が誰なのかは現在に至るまでわかっておりません。というのも、もともと堂々と飾れるような性質の作品ではなかったからです。

当時、宮廷画家として活躍していたゴヤにマハの絵を注文したのは、時の権力者ゴドウィン。先に製作されたのは「裸のマハ」の方だったとされています。
そしてその後、まったく同じポーズの同じ女性に衣服を着せた「着衣のマハ」が描かれたのでした。

この2枚の絵はゴドイの私邸に置かれ、普段は「着衣のマハ」を飾っておき、ひっそりと内輪だけで鑑賞する時に「裸のマハ」と入れ替わるようにされていたそうです。
このようなからくりまで用いて人目に触れないよう隠されていた作品でしたが、ゴドウィンが失脚し、私物が押収されたことにより、この絵も白日の下に晒されることになったのでした。

当時はまだ裸婦画を堂々と描けるような時代ではなかったため、宮廷画家ゴヤにも厳しい取調べが行われました。女神などの神話・宗教画であれば裸婦も許されていたのですが、マハはごく普通の娘。しかも「裸のマハ」1枚だけならヴィーナスだとでも言い逃れることもできたのですが、「着衣のマハ」があることにより、その主張もできなくなってしまったのでした。

ちなみに、このモデルの有力候補はアルバ女公爵だと言われています。
美貌と莫大な富を持つ大貴族であった彼女は、王妃さえも羨んだと言われるほどの人物。彼女はゴヤの最大のパトロンであり、また特別な関係にもあったとされています。

しかし現在に至るまでそれを裏付ける証拠はありません。このアルバ女公爵も、絵が問題になった時にはすでにこの世に亡く、それゆえにゴヤは強力な後ろ盾を失っていたのでした。
それでも彼は最後までモデルの女性について口を閉ざし、現在に至るまで謎が残されることとなったのでした。
なお、モデルにはゴドイの愛人という説もあるそうです。

それにしても、「2枚で1つ」のこの作品。両方借り受けることはできなかったでしょうが、それならせめて同じサイズのレプリカでも良いので置いてほしかったと思います。
(まあ、真作に比べて見劣りしてしまうとは思いますが……)

CGFA
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
copyright © 天球美術館 all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。