DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2011/05/01(日)   CATEGORY: バロック
地理学者

ヨハネス・フェルメール「地理学者」

開催中の「フェルメール《地理学者》とオランダ・フランドル絵画展」に行ってまいりました。
全体的なレビューを上げたいところなのですが、なかなか余裕がないため、忘れないうちに一番の目玉である「地理学者」を載せることにしました。


日本での人気が高まるとともに、近年はフェルメール来日ラッシュが続いているような気がします。
フェルメール展では一気に6点(でしたっけ)も来ていたし、他にも「レースを編む女」や「牛乳を注ぐ女」も来ていましたよね。
予定では「真珠の耳飾の少女」も来ることにはなっていますが……震災の影響もあり、どうか白紙にだけはならないでほしいと切に願っています。


さて「地理学者」。これは「天文学者」と対になった作品で、恐らくモデルも同一人物。
しかし描き方はだいぶ違うように思います。天文学者の方が色調も暗く、重厚な印象がある一方、地理学者の方が光量も多く、鮮やかで軽い感じがします。
とはいえ実物を観たことがないので……できることなら並べて鑑賞してみたかったと思います。(まず無理ですが)



「地理学者」は近年の調査によると、赤外線照射によりもともとは下を向いたポーズだったことが判明したそうです。
しかしそれでは研究に没頭している姿だけで、鑑賞者がハッと目を引くような雰囲気は出ないだろうと思います。
地図を広げ、研究中の学者がふと光の差す窓辺に目を向ける。
何事もない風景の中から、その「一瞬」を切り取るフェルメールはまさに名カメラマンだなと思わざるを得ません。
卓越した画家というのは、技巧だけでなく構成力もずば抜けているということを改めて実感させられました。

Web Gallery of Art
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
copyright © 天球美術館 all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。