DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2010/04/03(土)   CATEGORY: 美術展レビュー
長谷川等伯展
とても今さら感が漂っていますが、少し落ち着いたので思い出しながらレビューを書きます。



3月22日、大盛況で幕を閉じた「長谷川等伯展」。没後400年記念とはいえ、ここまで人が集まるとは予想外でした……皆さん、等伯結構お好きなんですね?

会場は、第一展示コーナーと第二展示コーナーの二つに分かれており、案内の人が「第一会場は混んでいるので第二からどうぞ」と言っておりました。
ちなみに第一は主に彩色画、第二は主に水墨画、という感じに分けてありました。
彩色画の方が混んでいたわけですが……しかし掛け軸などは傷みがかなり激しくて……(汗)
絵が可哀想でした。
「巻く」という掛け軸の性質上、仕方のないことではあるのでしょうけど、もうちょっとこう、修復とかできないものなのでしょうか? 素人にはわかりかねますが;;

以下は、自分の気に入ったものを挙げてゆきます。




「柳橋水車図屏風」

等伯の作品としては珍しく感じられる、豪華絢爛な作品。一双の屏風に跨って架かる黄金の橋に目を奪われます。
柳、橋、水車、蛇籠(じゃかご)が指すのは、京都の宇治橋。
派手さが売りの狩野派にも引けを取らないほど、見事な京の風景です。
それにしてもこれ、京都国立博物館の所蔵品らしいのですが……かなり前に行った時に観ていたのでしょうか……。記憶がないのですが……(汗)


「山水図襖」

等伯展に合わせて、日曜美術館で紹介された時に是非とも実物が観たいと思っていた作品。
襖の唐紙一面に刷られた白い桐の文様を雪に見立て、描かれたものです。
この襖のあった寺の住職に、「絵はいらない」と断られたため、住職の留守を狙って一気に描き上げたのだとか。ストリートアートか!(笑)
しかしテレビと違って、展示室のスポットが黄色い光のため、襖全体が黄ばんで見えて残念なことになっていました。ちっとも雪景色じゃないぞ!(涙)




「竹林猿猴図屏風」

何層にも塗り重ねてゆく油彩画とはまったく異なるのに、ここまで質感を描き分けられるのは凄いと素直に思いました。
猿の毛並みの柔らかさ。みずみずしい竹のしなやかさ。そして霞む景色の中、さらさらと揺れる笹の音まで聴こえてきそうな幻想的な風景。
かなり長いこと見入ってしまいました。




「松林図屏風」

義務教育を受けた人なら、誰でも一度は見たことがあるほど有名な「国宝」です。
子供の頃に見た時には、物寂しい絵だという気がしていたと思うのですが、今改めて観ると、まさにこれが等伯の真髄だな、とうなりますね。たとえ人の頭越しであっても。(涙)
いやね、決して絢爛豪華な狩野派が嫌いなわけではないのですよ。狩野派には狩野派の良さがありますから。
しかし、こういう作品が国宝に指定されることが、何だか日本人として嬉しく思ったりもするのです。(笑)
ちなみにこの作品、もとは屏風ではなく障壁画、しかもその草稿だったという見方が強いらしいです。それが事実なら、極楽浄土にいるであろう等伯はどんな気持ちなんでしょうね。



ほとんど屏風ばかりを挙げてしまいましたが、やはり屏風絵は実物を観るのが一番だと思いました。
いくら写真で眺めても、その真価は伝わりません。というのも、もともと屏風は「折って、立てて使う」もの。その折り曲がる向きや角度に合わせて構図を配置するため、やはり折り曲がった状態で観賞しなければ意味がないのです。
実際に立てられた状態のものを観ると、立体感に乏しいはずの水墨画が驚くほど奥行きを感じさせます。

京都の巡回に行ける方は、是非とも実物をじっくり観賞していただきたいと思います。
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
copyright © 天球美術館 all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。