DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/11/08(日)   CATEGORY: 美術展レビュー
THE ハプスブルク

先日は国立新美術館で開催中の「THE ハプスブルク」に行ってまいりました。
さすがは偉大なるハプスブルク王朝、所蔵作品に名を連ねる画家が見事にオールスターになっておりました。(笑)
今回ご紹介するのはその中のごく一部、自分の気になったものになります。



アンドレアス・メラー「11歳の女帝マリア・テレジア」

まずはこの作品。ハプスブルクといえばマリア・テレジアでしょう!ということで。
しかしこの絵が描かれた当時は、この後で激動の人生が待っているとも、16人の子供の母親になるとも、誰も知らなかったわけですよね。
ちなみにマリア・テレジアは、実際には「女帝」(皇帝)として即位したわけではなく、あくまで皇位は夫のもので、彼女は「皇后」だったそうですが……誰もが「女帝」と信じて疑いませんよね。(苦笑)
かくいう私もそうだと思っていました……



ティツィアーノ・ヴェチェリオ「イザベッラ・デステ」

まさかここでイザベッラに会えるとは……!!
望外のことに、思わず胸が高鳴りました。
イザベッラはフェラーラのエステ家の娘で、小国マントヴァに嫁ぎました。才色兼備で芸術を愛することで知られ、芸術家のパトロンとしても名を残しています。
ここでは可愛らしく描かれていますが、実際にはかなりのやり手で、夫が捕虜にされて命を脅かされても冷静さを失わず、放置プレイを貫いたという……(いや、実際にはそれも作戦だったみたいですが。しかし夫には恐れられてしまったらしい;)
ちょうど塩野七生さんの「ルネサンスの女たち」を読んだばかりだったので、とてもタイムリーでした。
なお、ダ・ヴィンチにも肖像画を依頼していたようですが、それはかなわなかったとのこと。観てみたかった……!




ヴェロネーゼ「ホロフェルネスの首を持つユディト」

ユディトの説明はこちらをご参照ください。
しかしタイトルを見なければ、小脇に生首を抱えているとは思いませんね。とてもあっさりと描かれているように思います。



ルーカス・クラナハ「洗礼者聖ヨハネの首を持つサロメ」

はい、生首2連発で来ました。今度はもっと凄いです。
実は以前、このブログでもこの絵を上げたことがあったんですが(→こちら)、まさかここでホンモノとご対面するとは思いませんでした。
クラナハの画風ってとてもさっぱりしているのに、こういうのをさらっと描いてしまうんですよね……;;



バルトロメウス・スプランゲル「ヘルマフロディトスとニンフのサルマキス」

マニエリスムの特徴がしっかりと表れている画法です。(ニンフの腰のひねり具合とか)
美青年ヘルマフロディトスに恋したニンフのサルマキスは、彼を泉におびき寄せ、永遠に一つの体となってしまいます。(神に願ったら叶ってしまったらしい)

って。

怖すぎるだろうそれは!!!

美しく描かれていますが、やっていることはさらっとホラーです。何も知らないこのイケメン、ちょっと騙されやすそうな顔にも見えます。
その後、この泉で水浴する者は両性具有になり、ヘルマフロディテと呼ばれるようになったそうです。



エル・グレコ「受胎告知」

エル・グレコ、本名はドミニコス・テオトコプロス。ギリシア人という意味の通称で現在も知られています。
この作品が来ていたとは!!と、これまた驚きでした。
受胎告知を描いた作品は数多くありますが、ここまでハリウッド並みの劇的なシーンを描いている作品もそう多くないように思います。天使の祝福というより、苦難の幕開けという意味合いの方がはるかに強いですね。



ディエゴ・ベラスケス「白衣の王女マルガリータ・テレサ」

さあ、今回の目玉である作品がやってきました。
以前に「ラス・メニーナス」でもご紹介したマルガリータです。
マルガリータの母はオーストリア大公女マリア・アンナなので、まあハプスブルク展のメインに据えても良いのでしょうけどね……
それに知名度から言ってもベラスケスの方が呼べる……かな、やっぱり。

ベラスケスでは他にも「皇太子フェリペ・プロスペロ」も目玉として来ていましたが、どちらも描かれている愛くるしい子供が夭逝しているので、それを思うと何とも言えない気持ちになります。



バルトロメ・エステバン・ムリーリョ「悪魔を奈落に突き落とす大天使ミカエル」

この作品は知りませんでした!
よく利用している海外の美術サイトにも載っていないので、まったくの初対面。
ムリーリョへの愛がまた増してしまいました!!
悪魔と戦うミカエルは以前にも取り上げましたが(→こちら)、その時に知っていれば絶対に載せたと思います。
何と麗しい大天使!! 惚れますマジで!!!(落ち着け)


というわけで、なかなかに充実した展覧会だったと思います。
何しろオールスター大会なので、ミーハー的に観ても楽しめるのではないかと。
機会がありましたら、是非ともご覧ください。



Wikimedia Commons

Web Gallery of Art
[ TB*0 | CO*2 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● ミカエルに惚れた!!
ちゅん吉 | URL | 2009/12/12(土) 00:27 [EDIT]
今日行ってまいりました!!
そうなんですよね~~、ルネッサンスの女たちにでてたイザベッラ・デステ!!!
軽く興奮しました!
クラナッハのサロメは、澁澤龍彦の本に出てたような覚えがうっすら。冷え冷えとした視線が素敵でした。
そしてミカエルさま・・・!!!
惚れますとも!!もちろん!!!
この辺りはなぜかあまり混んでなくて、じっくり見ることが出来ました。
前半はスゴカッタです。ごったがえしてました・・・
でも雨の中行ってよかった・・・(雨関係なし)

管理人 | URL | 2009/12/12(土) 23:24 [EDIT]
ラインナップをあまり知らずに行ったので、イザベッラに会えて嬉しかったですよ~♪

それにしてもあの展示方法はいかがなものか……
ハプスブルク家は中盤か最後に持ってきたほうが良いと思うのですけどねえ。

とはいえ、堪能されたようで何よりです♪

TRACK BACK
TB*URL
copyright © 天球美術館 all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。