DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/10/28(水)   CATEGORY: お知らせ
真珠の耳飾の少女、来日!
他の方の日記で知った情報ですが、嬉しさのあまり、ついここにも書いてしまいます。
美術作品の紹介記事でなくてスミマセン;;
(そして更新が絶えたままで本当に申し訳ないです)

何と!
フェルメールのあの「真珠の耳飾の少女」が来日するというのです!!



作品紹介はこちら

マウリッツハイス美術館には一生のうちに一度は行きたいと思っていましたが……
しかし国内にいてこの名画が拝めるとはッ! 生きていて良かったー!!
と、大げさに大喜びしてしまいました。

しかし、後で落ち着いてから調べてみたところ、開催は12年7~12月とのこと。
3年も先なんですね……

それまでに何事もないことを切に、切に祈っています。
(※ガードナー美術館から盗まれたフェルメールの「合奏」はいまだに見つかっていない)

なお、朝日新聞の一面に載っていたということは、今回の主催は朝日なんでしょうね。
去年のフェルメール展の主催はTBSで、タイアップ番組がかなり微妙だったのが苦い記憶に残っておりますが……今回はもっと骨太な番組を期待したいところです。

なお、日曜洋画劇場では間違いなく「真珠の耳飾の少女」が放映されると思います。
真珠の耳飾りの少女
[ TB*0 | CO*2 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● 3年後でも・・・
ちゅん吉 | URL | 2009/10/28(水) 19:15 [EDIT]
嬉しい話ですね!!
そう、あの映画もまたやりますよ!!

妹にDVDに落としてもらって、3回ほど見ました。
あのぽってり唇が~~・・
今度はぜひブルーレイで!!

管理人 | URL | 2009/10/29(木) 10:48 [EDIT]
今からもう3年後が待ち遠しくて(^^)
確か、前に来日したものの、以後は貸し出さないというような話を聞いた気がしたのですが……
生きている間に実現してくれて嬉しいです♪
さすがにルーヴルの至宝の微笑は、二度と海を渡ることはないでしょうけどね(苦笑)

TRACK BACK
TB*URL
copyright © 天球美術館 all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。