DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/07/11(土)   CATEGORY: 美術展レビュー
奇想の王国 だまし絵展


レビューを上げるのが大変遅くなってしまいました。
それでも記憶がすっかり抜け落ちる前に載せようと思います。(汗)

今回は「だまし絵」ということで、予備知識なしでも割りと気軽に楽しめる展覧会になっていたのではないかと思います。
平日の昼間に行ったのですが、その割には若い世代が多めな感じでした。


まずはこちら。
本邦初公開、アルチンボルドのルドルフ2世です。


ジュゼッペ・アルチンボルド「ウェルトゥムヌス(ルドルフ2世)」

ウェルトゥムヌスとは果樹園をつかさどるローマ神話の神。その神に、時の皇帝ルドルフ2世をなぞらえたわけですが……
なぞらえるというか、果実そのものにしてしまうところが凄いですよね……(汗)

今の感覚で見てしまうと、「へぇ~凄いな~」くらいに思えてしまうかもしれませんが、当時(16世紀末)の人は本気で度肝抜かれたんじゃないかと思います。まるで現代アートの感覚ですよね。こういう人が本物の天才とか鬼才とか言うんじゃないでしょうか……。
そして、こういうのを面白がって重用して、もりもり描かせたルドルフ2世も只者じゃないですよね。頭の固い君主なら「けしからん!」とか言うかもしれませんし。



デ・スコット・エヴァンズ「インコへのオマージュ」

今回の展覧会で一番多いと感じたのが、このパターン。
これは割れたガラスを本物っぽく見せています。壁に貼られた本物のリボンや手紙や額に見せかけた絵、という、だまし絵が多めでしたね。
こういうのを「トロンプルイユ」と呼ぶのだそうです。ただ、この手のものは、ずらっと似たようなパターンを並べてしまうと、やや興ざめな感もあります。普通の絵の中に時々「あれ?」と思わせないと、効果が半減してしまうような。


日本のだまし絵も展示されていました。
だまし絵……というのか微妙ですが。



酒井唯一「鯉に燕子花(かきつばた)図」

掛け軸の風帯、および松の枝、燕子花が描き込まれています。遠目に見ると、一瞬本物と思えるような効果を狙っています。
美の壺の「表具」を読んでいたので、ちょっとその辺りもわかったりすると、なかなか面白いです。
↓これ




歌川国芳「人をばかにした人だ」

うわぁ、国芳いっぱい来てるわー、と驚き。教科書なんかでもよく載っているので、見たことのある方も多いのではないでしょうか。こいつは「寄せ絵」と呼ばれるものです。
まさに日本のアルチンボルドですよね。


ルネ・マグリット「白紙委任状」
著作権が切れていないので画像は載せられません(汗)。リンク先で画像をご確認ください。
こちら
実物は初めて見ますよ。今回のもう一つの目玉と言うべきかと。
しかし、常に思うことなのですが……マグリットの絵ってポスター的な感じがするため、実物と印刷物の差がさほどないように思うのですよね。今回来ていたのでは、意外にも「前兆」のほうが「実物」感がありました。

マグリットは全部で7点、ダリが2点来ていましたが、思ったよりも周囲に人がいなかったような……
ちょっと地味な感じの小品が多かったからでしょうか。

他には、だまし絵といえばこの人、なエッシャーも。
全部で7点ありましたが、しかしほとんどが以前に同じBunkamuraに来ていた作品とかぶっていました。どうせなら違う作品にしてくれればいいのに……;;


人気があったのは、立体作品のほうでしたね。確かにこれは面白いですから。ただ、同じようなのが高尾の「トリックアート美術館」にあるため、こっちを知っているとちょっと物足りなさも感じてしまうかも……。
だまし絵が好きな方は、一度行ってみると良いと思いますよ!
公式サイト


そんなわけで、だまし絵展。展示室の広さを考えれば、かなりめいっぱい頑張っていたと思います。が、できればもうちょっと偏りなく並べてほしかったな~という気持ちもあったり。
アルチンボルドだけじゃなくて、他にもマニエリスムの画家も欲しいところ。あとはホルバインとか。
デルヴォーも1点だけでは少し寂しいですしね。
まあ、あまり欲を言ってはいけないんでしょうけど。(苦笑)
[ TB*0 | CO*3 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

ちゅん吉 | URL | 2009/07/11(土) 20:40 [EDIT]
おお!!私これ行かないと、と思いつつまだ行ってません・・・
混んでませんでした?
結構盛りだくさんですね。
アルチンボルド、本物みたいものです。

似非文人 | URL | 2009/07/11(土) 21:44 [EDIT]
あっちにコメントしましたw

管理人 | URL | 2009/07/11(土) 22:52 [EDIT]
>ちゅん吉さん
私が行った時は割りと空いてましたよ。やはり平日が狙い時ですね。
どうぞ堪能してくださいませ。夏休みが来る前に……
(子供ウケも良さそうなので、かなり混みそう)

>似非さん
ありがとうございます。
どちらに書いていただいても大丈夫ですよ♪

TRACK BACK
TB*URL
copyright © 天球美術館 all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。