DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/05/28(木)   CATEGORY: 美術展レビュー
ルーヴル美術館展――17世紀ヨーロッパ絵画


少し前のことですが、ようやく行ってまいりました。
今回の目玉は何といってもフェルメールでしょう。
2007年の「牛乳を注ぐ女」、2008年の「フェルメール展」に引き続き、3年連続での来日です。大人気ですね、フェルメール!

あんまり人気が出て混雑するのは嫌なのですが(汗)、そのぶん日本で観られる機会が増えるのはありがたいです。



ヨハネス・フェルメール「レースを編む女」
作品紹介はこちら

会場入りは、平日昼でも40分待ちでしたが、そのお陰で割りと余裕を持って観ることができました。特にこの作品はとてもサイズが小さいので、混み合ったりしていては何もわかりませんからね。
2007年の「牛乳を注ぐ女」(これもサイズが小さい)は国立新美術館でしたが、人の頭越しに、物凄く遠くから眺めるしかないという切なすぎる環境でしたので・・・。オペラグラスが要る美術鑑賞って!!(涙)


さて今回は「17世紀ヨーロッパ絵画」という、かなり大雑把なくくりでしたので、テーマも展示もかなりバラバラな印象がありました。(汗)
風俗画もいろいろと展示されてはいましたが、その中で一番印象的だったのはこちら。


フランス・ハルス「リュートを持つ道化師」

ぱっと目を引く色使い。生きているかのような躍動感に、豊かな表情。
やはり、ハルスはこうした元気な風俗画が得意ですね。また今回は陽気な酒場の風景とは違って、「あえておどけている」道化師の仕事モードの顔が見えます。



クロード・ロラン「クリュセイスを父親のもとに返すオデュッセウス」

これはクロード・ロランの代表作の一つ。
来ていたとは知りませんでした。実は。(汗)
相変わらず光の表現が美しい・・・これは印刷では伝わりきらないです。実物を是非とも観てほしいです。

さて、この画題はトロイア戦争・・・「イリアス」から取られています。
トロイアを攻めるギリシア連合軍の総大将アガメムノンは、テーベで美しき娘クリュセイスを捕虜にします。神官である父クリュセース(名前似てます)はアガメムノンに娘を返してくれるよう頼みますが、聞き入れてもらえません。そこで怒ったクリュセースはアポロンに祈りを捧げ、その結果ギリシア軍に神罰が下ります。
ペストの蔓延。これでは戦になりません。仕方なくアガメムノンはクリュセイスを父のもとへ返すことに・・・
その時の様子が、この作品です。たぶん、肝心のクリュセイスもオデュッセウスも船の中・・・だと思いますが。(苦笑)

なお、その代わりにとアガメムノンが連れてきた娘がブリセイス。愛する人を奪われて怒ったアキレウスは、ストライキを起こす・・・というように話は進みます。(映画「トロイ」が描くのはこの辺り)



シモン・ヴーエ「エスランの聖母」

何というカメラ目線の聖母!!(笑)
処女懐胎の伝説を持つ清らかなる聖母・・・のはずが、ここでは妙に色っぽいです。
ヴーエはカラヴァジェスキということもあって、やはりカラヴァッジョの雰囲気をどこか感じさせますね。
なお、この絵はX線で見ると、もともとは授乳している構図だったそうです。何ゆえカメラ目線になったのでしょうか・・・。





カルロ・ドルチ
「受胎告知 天使」「受胎告知 聖母」


今回の目当てはもともとフェルメールではありましたが、この作品を観られて幸せでした!!
ドルチの聖母といえば、国立西洋美術館所蔵の「悲しみの聖母」が有名です。
以前にもこちらで紹介しました。

常設展ではいつもこの作品の前で立ち止まってしまいます。しかし今回、常設コーナーの工事により、入れませんでした! 悲劇!

それはともかく、今回の聖母は「悲しみの聖母」とは正反対です。
我が子の受難を嘆く母ではなく、母となったことを知らされた瞬間を描いています。
しかし表情はどことなく嬉しさよりも、畏れのようなものを感じますね・・・これが後に深い悲しみの聖母となるのかと思うと、観る者の心を強く打ちます。


左:「受胎告知 聖母」 右:「悲しみの聖母」


天使はおなじみのガブリエルですが、対になっていないと何のシーンかちょっとわかりにくい気もします・・・。


↑並べてみるとよくわかる。



ジョルジュ・ド・ラ・トゥール「大工ヨセフ」

今回のもう一つの目玉はこの作品。
イエスの父ヨセフと、幼子イエス。もちろん「養父」ということになりますけどね。(イエスの父は神だからね!)
久々にラ・トゥールが観られる~と喜んで向かいました。もちろん常設展には「聖トマス」もあるのですが、今回は入れませんでしたし・・・。

しかし実物を観て思うのは・・・
想像以上に・・・暗い。
実を言えば、これと「ほぼ」同じ作品はすでに観ているのです。2005年の「ジョルジュ・ド・ラ・トゥール展」には「ルーヴル所蔵品の模作」が来ていたので。


左:真作 右:模作
※色調補正はしていません。印刷にもよるとは思いますが・・・

その時の印象が記憶違いだったのかと、改めて図録を引っ張り出してきましたが、やはり色合いがだいぶ違いますね、印刷でも。
真作のほうが光と闇のコントラストがもっと強かったように思います。ただ、画中の光源が小さく、照らされる範囲も狭いため、画面のほとんどが真っ暗なのです。ちょっと寂しい。

そのせいか、イエスの生足がやけになまめかしく印象的でした。(何と罰当たりな!)
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
copyright © 天球美術館 all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。