DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/02/04(水)   CATEGORY: バロック
レースを編む女

ヨハネス・フェルメール「レースを編む女」

またしても更新の間が空いてしまいました。(汗)
今回は、フェルメールの「レースを編む女」。2月より開始するルーヴル展の目玉作品です。なので、一足早くこちらで紹介してみます。

熱心にレースを編む女性の姿が、映画のワンシーンを切り取ったかのように描かれています。そこにあるのは、レース糸のこすれるかすかな音さえも聞こえてきそうな、静謐さ。
緊張感を与えつつも、相変わらずの柔らかな光の表現によって、温かみすら感じます。

当時のオランダでは、レースを編む女性の勤勉さは「家庭の美徳」という意味を持っていたそうです。
隣の机に置かれた本も、聖書らしいと思われているそうですが・・・

しかしこの絵で真っ先に目を引くのは、そうした教訓めいた要素ではなく、女性が一心に見つめ、軽やかに動いているであろう華奢な指先だけなのです。


Web Gallery of Art
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
copyright © 天球美術館 all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。