DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/07/13(日)   CATEGORY: ロマン主義
飛翔する魔女たち

フランシスコ・デ・ゴヤ「魔女たちの飛翔」
大きい画像はこちら

ゴヤは18~19世紀、近代絵画の先駆けとなったスペインの画家。
主席宮廷画家となるなど、華やかな経歴も持っていましたが、1794年に大病を患い、すべての聴覚を失ってしまいます。
しかし制作意欲は衰えるどころかいっそう増し、またそれまで中心であった肖像画とはまったく異なる、奇想的な作品を次々に生み出していったのです。

今回ご紹介する「魔女たちの飛翔」は、1797-1798年頃制作とされているので、音のない世界で生み出された作品となります。

実はこの絵、2006年のプラド美術館展にも来ておりました。その時の目玉はティツィアーノやベラスケス。自分自身もムリーリョやスルバランなどの明るい作品にばかり目が向いていたので、実物を前にしてもあまり深く考えることなく眺めていたのでした・・・。まあ、明るく華々しい作品群の中で、異色であるという印象は強かったのですけどね。

この作品の下方では、二人の男が魔女たちから逃れるように、一人は布をかぶり、一人は耳を覆って倒れ込んでいます。
しかしそれとは対照的に、空中に浮かぶ魔女たちに抱えられた男は、その身を完全に預けています。
何やらとても暗喩の込められているように見えるこの作品。
魔女たちはおどろおどろしい生き物としてではなく、「知恵」の象徴として考えられているようです。一見すると、魔女たちが男の血を吸っているように思えますが、頬の膨らみ具合から、「若者の肉体に知恵を吹き込んでいる」ところであるのだとか。

光と闇のコントラストによるドラマティックな描き方は、バロック絵画を髣髴させます。


さて、ゴヤの作品には上記のような「浮遊する」イメージの絵が多いのですが、その中でも気になるのが次の作品。



フランシスコ・デ・ゴヤ「藁人形遊び」

これは「カルトン」の一つ。カルトンとは、タピストリー製作用の原寸大の下絵のことです。駆け出しの頃、都に出てきたゴヤは、しばらくこのカルトン作りを続けていたのでした。

この「藁人形遊び」、何とも不思議な情景です。
「灰の水曜日」(四旬節の初日。復活祭の46日前)に行われる行事だというのですが・・・異様な雰囲気に思えてしまいます。どことなくシュール。
いまだにこの慣習があるのかどうかも、気になるところです。


Web Gallery of Art
[ TB*0 | CO*5 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

Claude Monet | URL | 2008/07/13(日) 20:46 [EDIT]
芸術新潮は毎号買うということはしないのですけれど、いい特集を組んでくれますね。展覧会にスポットをあてたり、今回はゴヤですか。今日、「世界の美術館」という冊子の1号を買ってきました。これはたしか、数年まえにも講談社から美術館紹介の冊子が出ていたように思うので、その焼き直しかもしれないですね。ただ、そのときは50巻までだったのが今回は80で日本の博物館も紹介していますので買ってみようかなと思っています。こういう冊子、買ってもなかなか読まないのですね。今回はしっかり読もうっと。

ちゅん吉 | URL | 2008/07/13(日) 21:58 [EDIT]
おお、なんだか両方とも闇を感じる絵ですね。。
スペインって異端とかかなり厳しそうですが、こういう絵だとシュールな感じなのでOKなんでしょうね。
藁人形遊び、コワイでうす、怖すぎます!!
これは遊びというより儀式っぽいですよ・・・

芸術新潮、明日、立ち読みしてみます!

管理人 | URL | 2008/07/14(月) 21:44 [EDIT]
>Claude Monetさん
アート系雑誌は、自分の好みの表紙が出てくるとつい惹かれてしまいます。
世界の美術館、ちょっと見てみます。面白そうですね。ただ、この手のものは後になるほど書店に出回らなくなったりもするのですが、特に田舎は。(汗)

>ちゅん吉さん
18世紀末には、こうした魔術のシーンなどが受容されるようになっていたのだそうですよ。ただ、あまりにもおどろおどろしいこの絵は、当時でも先鋭的な人物が別荘に飾るために購入したのだとか。
藁人形は怖いですよね・・・一応、キリスト教の行事ではあるのだそうですけど・・・;;
● いまだにこの慣習があると思います.
P Sieboldii | URL | 2010/05/22(土) 11:29 [EDIT]
この"MANTEAMIENTO"という遊び,1978年のクリスマス・年末にはバルセロナで行われていました.私の上記ブログにその写真が載っております.農民の収穫感謝のお祭りが基とか.
またゴヤの銅版画集 「ロス・ディスパラティス(妄)」 1864年 の中,「女の妄」にも描かれていますね.ご参考までに

管理人 | URL | 2010/05/22(土) 16:43 [EDIT]
P Sieboldiiさん
コメントありがとうございます!
いまだに続いているのですね~知りませんでした!
ブログの写真も拝見しました。
異文化の風習はなかなか興味深いですね。どうもありがとうございます^^

TRACK BACK
TB*URL
copyright © 天球美術館 all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。