DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/01/26(土)   CATEGORY: バロック
聖女チェチリアの殉教

ステファノ・マデルノ「聖女チェチリアの殉教」
大きい画像はこちら

久々に彫刻作品の紹介です。今回は、マデルノの「聖女チェチリアの殉教」です。
1599年、サンタ・チェチリア・イン・トラステヴェレ聖堂を修復する際、ここに移葬されていたチェチリアの遺体が、以前と全く同じ状態で発見されました。
この「奇跡」を記念して、遺体と同じ大きさ・姿で制作されたのが、このマデルノの彫刻なのです。
首の傷跡も、そのまま写されています。見るからに痛ましく、同時に見る者を惹きつける力を持っています。


チェチリアは、ローマ貴族の娘でした。
しかしキリスト教に帰依していたため、結婚式(自分の意思ではない)の当日も、奏でられる音楽の中でひたすら「私の純潔を守ってください」と祈り続けました。
その祈りが通じたのか、チェチリアの前に天使が現れ、彼女には白百合の冠、夫にはバラの冠を授けました。夫も妻の勧めにより、キリスト教徒になっていたのです。
でもそんな幸せも続かず、彼らはやがて棄教を拒んだことにより、斬首刑に処されます。チェチリアの首の傷がまさにそれ。しかし、チェチリアの首は切り落とすことができず、処刑の時に3回以上剣を振るってはいけないというローマの法により、そのまま釈放されました。彼女は3日間生き続け、その間に自分の財産をすべて貧しい人々に分け与えると、息を引き取りました。

結婚式の際に奏でられた音楽が、彼女のシンボル。音楽家の守護聖人でもあります。
というわけで、楽器を持っている聖女はまずチェチリアと見て間違いありません。天使がそばにいることも多いです。なので、今回ご紹介した作品は、むしろ珍しいパターンですね。(笑)
というわけで、いくつか王道的な作品を上げてみます。



オラツィオ・ジェンティレスキ「聖女チェチリアと天使」
以前に「受胎告知」でご紹介した画家。相変わらず、ドラマのワンシーンを切り取ったかのような描写は見事。
このチェチリアは、娘のアルテミジアをモデルにしたと言われています。



グイド・レーニ「聖女チェチリア」
ベアトリーチェと同じく、ターバンを巻いているのは殉教の意味を表しているのでしょうか・・・。



ラファエロ・サンツィオ「聖女チェチリア」
多分、チェチリアの絵画で最も有名な作品ではないでしょうか。
左からパウロ、ヨハネ、チェチリア、アウグスティヌス、マグダラのマリア。何とも見事な聖人集団です。それにしても、足元の楽器が気になります・・・。何となく、打ち捨てられているように見えるのは自分だけでしょうか;;



ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス「聖女チェチリア」
何しろ画家の時代が違うので、趣も突然変わりました。(笑)
古代ローマっぽくはありませんが、これもチェチリアです。


Web Gallery of Art
CGFA
National Gallery of Art
[ TB*0 | CO*2 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

ちゅん吉 | URL | 2008/02/09(土) 12:44 [EDIT]
グイド・レーニの聖女チェチェリア、素晴らしいです!
ラファエロの絵、楽器投げ捨て、なんだか投げやりに見えますね。
何か寓意というか(直接的な気もしますが)あるのでしょうか??

殉教シリーズ(?)いいですね~次なにがくるかしらんと勝手にワクワクしてます☆

管理人 | URL | 2008/02/09(土) 16:16 [EDIT]
ホントに投げ捨ててるようにしか見えませんよね、ラファエロ・・・;;
奏でる手を止めて、天使の音楽に聞き入っているところらしいのですが。

殉教というか、しばし彫刻を続けてみようかな~と思います。
でも殉教作品って多いですよね、ホントに。(苦笑)
結構悲惨なシーンだったりするのに;;

TRACK BACK
TB*URL
copyright © 天球美術館 all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。