DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2007/11/23(金)   CATEGORY: ルネサンス
眠れるヴィーナス

ジョルジョーネ「眠れるヴィーナス」
大きい画像はこちら

ジョルジョーネ、ヴェネツィア派の大家にして、かつてはその存在さえ疑われた謎多き画家。本名はジョルジュ。早世した後、偉大なるという意味の「オーネ」を付して「ジョルジョーネ」と呼ばれるようになりました。

活躍したのはわずか十年ばかり。三十代前半で、ペストによりこの世を去りました。
本人の存在だけでなく、多様な解釈を生む謎めいた作品を遺して。


この「眠れるヴィーナス」は、美術史上の大きな転換点ともいえる作品です。
「横たわる裸婦」の図は、今ではまったく珍しくもないモチーフです。実際にはジョルジョーネよりも前の時代から存在してはいたのですが、その裸婦だけを切り取って堂々と中央に据えるという試みはジョルジョーネが最初でした。

しかし、ジョルジョーネのヴィーナスはまだ「女神」らしい神秘性をどこかに残していますが、ティツィアーノの作品になると、「女神」よりも「裸婦」の意味合いが強くなっています。



ティツィアーノ・ヴェチェリオ「ウルビーノのヴィーナス」
ジョルジョーネの画布上では眠っていたヴィーナスが、ここでは完全に覚醒して鑑賞者を堂々と見つめ返しています。

ティツィアーノは、ジョルジョーネの弟子でした。(兄弟弟子という説もあります)
才気あふれるこの弟子を、ジョルジョーネはたいそう可愛がり、熱心に指導していたといいます。
しかしある時、依頼された壁画を二人で分担して描いた時、弟子の作品がジョルジョーネ作と思い込んだ人々により絶賛されたのをきっかけに、両者の仲は断絶したとも伝えられています。

その二年後、ジョルジョーネはペストによりこの世を去ります。
しかし、師を敬愛していたティツィアーノは、未完のまま残された作品の多くに筆を加え、完成させたのでした。
「眠れるヴィーナス」も、人物はジョルジョーネ、背景はティツィアーノの筆によるものという解釈がなされています。完全にジョルジョーネ一人の作と見られているのはわずかに二点、そのうちの一つは別離の契機となった、あの壁画でした。(しかし壁画は後に消失)

ティツィアーノはめきめき頭角を現し、ヴェネツィア派最大の巨匠にまで上りつめます。しかも師とは逆に大変長命でした。
しかし、九十近くまで生きた彼の最期は孤独でした。くしくも、師と同じペストに罹り、感染を恐れた使用人たちが逃げ散った後の広い屋敷に、老いた巨匠は一人取り残されました。

ヴェネツィア派――その両巨頭たるジョルジョーネとティツィアーノ。
ヴェネツィアは彼ら師弟を育て、愛しみ、そして命果てた土地となりました。

ジョルジョーネ、享年三十二歳。
ティツィアーノ、享年八十八歳。


Web Gallery of Art

参考文献
「西洋美術館」(小学館)
「世界 名画の旅3 イタリア編」(朝日文庫)
「西洋絵画史 WHO'S WHO」(美術出版社)
[ TB*1 | CO*4 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

ちゅん吉 | URL | 2007/11/23(金) 15:44 [EDIT]
どちらも溜め息がでるくらい素敵です・・・
え!!これ日本に来るンですか!!

これは見逃せませんね!
情報ありがとうございます~~

ジョルジョーネは背景が神秘的、ティツィアーノは背景が寓意的ですね・・

管理人 | URL | 2007/11/25(日) 09:11 [EDIT]
そうです、日本に来るのですよ! 今からとても楽しみです。
というか、新聞にその記事と絵が載っていたので、今回の紹介作品を選んだという裏話(?)もあったり・・・(苦笑)

わん太夫 | URL | 2008/01/01(火) 15:57 [EDIT]
ティツィアーノに比べ、ジョルジョーネの絵はどちらかと言うと謎めいていますよね。

でも、その反面世俗的というよりも素朴、神秘的な画風だと感じられます。

もっと長生きしていればと、ちょっと残念です(-_-;)

TB付けさせていただきました。

管理人 | URL | 2008/01/01(火) 17:16 [EDIT]
ジョルジョーネは「嵐」などもそうですが、謎の画家というイメージが大変強いです。
このヴィーナスも、堂々とした生身の質量を感じさせるティツィアーノとは違って、どこか神秘的な空気を醸し出していますね。
早世の天才は実に惜しまれます・・・

ところでTB、なぜかかかっていないようですが・・・?
こちらでは特にTB制限かけていないはずなのですが;;

TRACK BACK
TB*URL
● 技術講座専門のJTEX
自己啓発で能力開発 2007/11/24(土) 10:10
ここが違う!JTEXの通信教育講座通信教育講座だから充実のサポート。疑問点も即解決!学習の進捗に合わせたレポートを複数回分準備。無理なくあなたのペースで学力が身につきます。テキストの内容やレポート結果などの質問は、質問券を利用して各専門の講師より回答を受け  [続きを読む]
copyright © 天球美術館 all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。