DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2007/07/24(火)   CATEGORY: ルネサンス
メランコリア

アルブレヒト・デューラー「メランコリアI」
大きい画像はこちら

デューラーの版画というリクエストを頂きましたので、今回は上の「メランコリア」を初めとするデューラーの銅版画三大傑作をご紹介します。

まずは「メランコリアI」。
メランコリアとは、古代ギリシアの衛生学から生まれた四大気質の一つ、「憂鬱質」。(他の三つは「多血質」「胆汁質」「粘液質」)
元は体液の黒胆汁のせいで、憂鬱・怠惰になると考えられていましたが、ルネサンスに入って哲学的・芸術的な瞑想と結びつけられるようになりました。
ロダンの「考える人」でお馴染みの、頬杖をついて物思いにふける人の姿が、まさにメランコリアなのです。

ちなみにこの作品、2003年の大英博物館の至宝展に来ておりました。
数多い展示品の中でも非常に印象深い作品でした。



次は「書斎の聖ヒエロニムス」。
聖ヒエロニムスはラテン教会の四大教父の一人。聖書をラテン語訳したという功績により、司書・学生などの守護聖人とされております。
ヒエロニムスは教会の堕落を正そうと努めたものの、煙たがられ、嫌がらせをされて嫌気が差し、放浪の旅に出ました。荒野をさまよう姿が描かれることも多い人です。
また、ライオンのトゲを抜いてやったらなつかれてしまったという逸話があるため、アトリビュートとしてライオンが描かれることもあります。
(しかしこれを見ていると、寺院で虎と起居するタイの仏僧を思い出しますが)



三つめは「騎士と死と悪魔」。
絵の中央には騎士、左側には砂時計を持つ「死」、右側には悪魔が描かれています。
これは、キリスト教の戦士が危険の中を傲然と進む姿を表しているそうです。死神の突きつける砂時計は、残された時間の少なさを表し、「死を思え」と訴えているのです。


さて、すべて版画作品だと少し華やかさに欠けますので、最後にこちら。


「ローゼンクランツフェスト」
すなわち、「薔薇冠祝祭図」。ヴェネツィア滞在時にドイツの商人から依頼されて描いた祭壇画だそうです。
聖母が冠を授けているのはマクシミリアン1世。ハプスブルク家の神聖ローマ皇帝で、デューラーのパトロンです。ちなみに、後のウィーン少年合唱団を設立したのも彼だとか。芸術を厚く保護したために、「中世最後の騎士」とも謳われています。


Web Gallery of Art
参考文献:『西洋美術館』(小学館)
[ TB*1 | CO*2 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

わん太夫 | URL | 2007/07/24(火) 23:55 [EDIT]
デュラーの銅版画、すごい細部に至るまで神経が行渡っていますよね。

その分、じっと見つめていると目が眩むようですね。

しかも、教訓的

管理人 | URL | 2007/07/26(木) 17:28 [EDIT]
これ、本当に版画!? と思ってしまいますよね。
原版も見てみたいです。どこまで細かく彫っているのか・・・

連作の、キリストの受難などもいろいろと深い作品ですv

TRACK BACK
TB*URL

天文・宇宙を知る 2007/07/27(金) 13:30
天球天球(てんきゅう)とは、地球から見える全ての天体がその上を運行するとみなした、仮想の球面のこと。暦の計算をする場合は、地球を中心として天体が動くという天動説的な説明をした方が都合が良い。よって、地球から無限大の距離にある球を仮定して、天体はその上を動  [続きを読む]
copyright © 天球美術館 all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。