DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2007/06/22(金)   CATEGORY: バロック
ベアトリーチェ・チェンチの肖像

グイド・レーニ「ベアトリーチェ・チェンチの肖像」
大きい画像はこちら

今回は美人の描かれた絵というリクエストを頂いておりまして・・・大変に悩みました。選択肢が多すぎて。
いろいろ探している内に、以前に「美の巨人たち」で「絵画史上もっとも美しい女性の肖像画」という視聴者投票が行われたそうで、その結果の記事を見ました。西洋画では以下の通りです。

絵画史上もっとも美しい女性の肖像画

1 フェルメール「真珠の耳飾りの少女」
2 レオナルド・ダ・ヴィンチ「モナリザ」
3 グイド・レーニ「ベアトリーチェ・チェンチの肖像」
4 ラファエロ「小椅子の聖母」
5 ボッティチェリ「ヴィーナスの誕生」
6 アングル「泉」
7 ミレイ「オフィーリア」
8 モネ「日傘をさす女」
9 ラファエロ「ラ・ヴェラータ」
10 カンタン・ド・ラトゥール「ポンパドゥール侯爵夫人」

というわけで、今回は第3位のレーニを取り上げてみることにしました。(1、2はあまりに有名すぎて;)


ベアトリーチェ・チェンチは16世紀、ローマの名家に生まれた貴族の少女。その美しさゆえに横暴な父は娘を城内に監禁し、さらには陵辱したのでした。ベアトリーチェは彼女に同情した家族や家来の協力のもと、父親殺しを決行。しかし罪は暴かれ、激しい拷問の末、極刑に処されることになりました。
家長殺しは極刑と決まっていたからだったのですが、実際には法王庁が、チェンチ家の財産を没収する狙いがあったようです。よって、チェンチ一族は全員処刑されることになりました。

この肖像画は、レーニが実際に牢内のベアトリーチェを目にして描かれたそうです。
ターバンを巻いているのは、断頭台に上るため・・・。


これを見て、真っ先に思い浮かぶのはフェルメールの「真珠の耳飾の少女」です。
ベアトリーチェの肖像は、制作1662年、フェルメールは1665年頃とされています。
フェルメールは、この作品を知っていたのでしょうか。フェルメール自身が題材にも取り上げている通り、手紙が重要な情報伝達手段として使われていた時代。彼の住むデルフトにもこの事件の話は届いていたことでしょう。ベアトリーチェを哀れに思ったローマ市民により、処刑場で暴動が起こるほどだったのですから・・・。



真珠の耳飾の少女、別名「ターバンの少女」。
その異国風の装いが、長年謎とされてきた作品。
もし断頭台の露と消えたベアトリーチェを思って描かれたのなら、その理由も自ずと知れてくるのではないでしょうか。


Web Gallery of Art
CGFA
Wilimedia Commons
美の巨人たち
[ TB*0 | CO*6 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

ちゅん吉 | URL | 2007/06/24(日) 23:54 [EDIT]
こんなに若くて美しいのに断頭台とは・・・
もったいない・・

フェルメールは意識して描いたとしか思えませんね。
何か物語りがありそうですね。

管理人 | URL | 2007/06/25(月) 18:58 [EDIT]
本当にもったいないですよね・・・
あまりにも若く美しく、そしてはかない・・・

真珠の耳飾の少女、あまりにもよく似ていますよね~
何も残っていないので推測するしかないのですが、他人の空似とはとても思えませんね。
● はじめまして
わん太夫 | URL | 2007/06/26(火) 13:43 [EDIT]
ミクシイに足あとありがとうございましたv-5

この絵、この話、以前に『美の巨人たちv-216』で見たことがあります。

本当に悲しい話ですよね。

絵画には、その描かれた経緯や背景が伝わっているものだけではなく

むしろ、謎に包まれているものも興味が尽きませんよね

管理人 | URL | 2007/06/27(水) 00:06 [EDIT]
コメントありがとうございます!
そう、出典は主に件の番組です~;;

聖人・聖女画などでは痛ましい題材が多いのですが、あれはすでに伝説に昇華されているせいか、ひとつの形式として眺めてしまうような気がします。しかし、こういう市井の話になると、ただ痛ましさだけが残りますね・・・

フェルメールは画家本人が充分謎な人ですよね。それもまた惹かれる理由の一つですv

きょう | URL | 2007/07/07(土) 21:10 [EDIT]
大変遅ればせながら、リクエストに答えて下さり有難う御座いました!眼福!

美人さんの絵ってだけでもおなかいっぱいなのに、断頭台エピソード付な辺りに絵の奥深さを感じずにはいられません。普通に見てたら断頭台直前とか思わないもので。そう言われると服装もそれっぽいものだと気付くものです。
美人は大変なんですね……。

それにしても「絵画史上もっとも美しい女性の肖像画」が興味深かったです。一通り見ましたが、色んなタイプの美人が勢揃いでご馳走様でした。

管理人 | URL | 2007/07/08(日) 13:12 [EDIT]
こちらこそ、リクエストしていただきましてありがとうございました。
お蔭でネタに困りませんから。(笑)

ベスト10、なかなか面白いですよね。ラファエロが2作入っているあたりが日本人好みらしいなという気もしました。個人的にはコローの真珠の女を入れたいところ。(笑)

どうも、ありがとうございました~。

TRACK BACK
TB*URL
copyright © 天球美術館 all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。