DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2007/05/15(火)   CATEGORY: 美術展レビュー
北斎館レビュー
小布施にある北斎館に行ってきたので、レビューを上げてみます。
葛飾北斎といえばすぐに錦絵が思い浮かぶのですが、ここの美術館は肉筆画を多く所蔵しておりました。北斎の肉筆画を一度にこれだけ観るのは初めてのことです。
印刷ではそれなりに眺めていても、実物は本当に違いますね。そのことを非常に実感しました。

油彩画のような表現手法とは明らかに違うため、奥行きや厚みによる迫力を与えるわけではありません。が、静謐な情景を精緻な筆で切り取ったさまに、ただ言葉もなく食い入るように見つめるばかりでした。
昔の作品ではありますが、発色も実に美しく、つい先ほど描き上がったと言われてもうっかり信じてしまいそうです。

以下、気に入った作品を並べてみます。


「柳下傘持美人」
印刷や画像では、美しさの十分の一も伝わりません……! 傘や着物の濃淡が、見事なグラデーションを生み出していました。思わず葉書とボールペンを買ってしまいましたよ。



「白拍子」
静御前の「しづやしづ」の場面だそうで。命懸けで舞う静御前の凛とした表情が印象的です。



「お福」
美人画から一転、今度は愛らしい姿。愛嬌のあるこの少女、実は天鈿女命だそうで。(この後、ストリップショーが始まるとはとても思えませんが……)



「東海道旅行」「潮干狩」
まぶしいくらい鮮やかな青が、真っ先に目に飛び込んでくる作品。楽しげな表情、指先の動作まで見事に写し取った筆力はまさに職人芸。何となくピーテル・ブリューゲルを思い出すのは自分だけでしょうか。


そして最後、県宝である「東町祭屋台」および「上町祭屋台」が大トリを取るような展示方法でした。三次元作品は著作権の関係で写真を載せられませんが、一度見て損はないはずです。天井板に男波・女波、龍・鳳凰がそれぞれ描かれていて大迫力。

以上、小布施の北斎館レビューでした。茶屋の建ち並ぶ情景など、風情のある街なので、観光にもぴったりだと思います。
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
copyright © 天球美術館 all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。