DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2007/03/31(土)   CATEGORY: 新古典主義
コリントの乙女

ジョセフ・ライト「コリントの乙女」

古代、コリントの乙女は遠くへ旅立つ恋人の姿をとどめようと、灯火に照らされた横顔の影の輪郭をなぞったという――
これがプリニウスの『博物誌』に記された絵画の起源です。
まさに肖像画の始まった瞬間とも言えるでしょう。

今回は「肖像画」というリクエストに対し、ストレートではなくこんな変化球を投げてみましたがいかがだったでしょうか。(苦笑)

ジョセフ・ライトはイギリスのダービー出身で、「ライト・オブ・ダービー」というペンネームを用いていました。当時の科学実験などをモチーフにした作品が多く、またランプによる光と影を巧みに描く画家でした。
なめらかな筆致はまさに新古典主義ですが、後のロマン派にも影響を与えました。


さて今度はノーマルに、自分の好きな肖像画を紹介させていただきます。


ジャン=バティスト・カミーユ・コロー「真珠の女」
近所の織物商の娘をモデルにした作品ですが、古代の衣装や小道具をそろえて着させるほどの念の入りよう。もちろん、モナリザになぞらえて描かれたものです。
「真珠の女」というタイトルは、髪に飾られた葉が真珠のように見えたことからつけられたそうです。
自分はどちらかというと、着飾って気取った貴人の肖像画よりも、こういう落ち着いた雰囲気の作品に惹かれます。


カミーユ・コード。


次は自画像です。


アルブレヒト・デューラー「1500年の自画像」
それまで自画像というものは、作品の中に登場するという形で描かれるものでしたが、このデューラーは実に堂々と単身の自画像を描きました。しかも、当時としては異例なことに真正面から。
もちろん鏡の普及が美術史に影響を与えたわけですが、いつの世もトップバッターというのは型紙破りなものです。見ての通り、自身をキリストになぞらえて描かれています。
その瞳には、強い決意の色が表れています。
アルブレヒト・デューラー、当時28歳。

Web Gallery of Art
[ TB*0 | CO*2 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

ちゅん吉 | URL | 2007/03/31(土) 21:36 [EDIT]
ちょ・ちょっと・・・・デューラー、素敵すぎるんですが・・
好みです。ちょっと額は後退気味だけど、目が素晴らしい・・
真珠の女もしっとりして美しい・・

良いものをまたまた見せていただきました☆

管理人 | URL | 2007/04/01(日) 13:14 [EDIT]
実は密かにイケメンシリーズ続いております。(笑)
でも画家の自画像ってイケメン多いんですよね。ちょっぴり美化していたりして・・・?(汗)
肖像画はあまり上げたことがないので、またいろいろ探してみたいです。

TRACK BACK
TB*URL
copyright © 天球美術館 all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。