DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2007/03/25(日)   CATEGORY: ルネサンス
洗礼者聖ヨハネ

レオナルド・ダ・ヴィンチ「洗礼者聖ヨハネ」
大きい画像はこちら

聖女が続いたので、今度は男性の聖人を載せてみようかと思います。
というわけで、聖人の中でも非常に有名な洗礼者聖ヨハネです。
まだ頭角を現していないイエスの中に神性を見いだし、洗礼を与え、後には王に諫言し、ダンスの上手い王女によって生首にされてしまうという、聖書の中でもいろいろと忙しい人です。ユダと並んでドラマ性に富んだ人ではないでしょうか。
(それにしても何ていい加減な説明なんでしょうか・・・)

「洗礼者」をあえてつけるのは(英語なら"John the Baptist")、十二使徒の一人聖ヨハネと区別するためです。ちなみにヨハネは、ダ・ヴィンチ・コードの中で女じゃないか、マグダラのマリアじゃないか、キリストとペアルックじゃないかとさんざん言われていた人です。

キリストの右隣の人。マリッジのMだの何だのといろいろ言われてましたね~。


さて、話は洗礼者に戻しましょう。
数ある洗礼者聖ヨハネの中でも、最も色っぽいのがこのダ・ヴィンチの作品ではないかと思います。もはや性別すらも超越しております。さすがはレオナルド先生です!!
本来はもっと枯れた感じの人だと思うのですけどね・・・これでは教会に飾って「聖人の苦難を思え」と言われても誰も納得できません。


こちらはカラヴァッジョの洗礼者聖ヨハネ。これもまた色っぽいです。オールヌードなのもありますよ。


ジョルジュ・ド・ラトゥールの「荒野の洗礼者聖ヨハネ」。
ラ・トゥール作品の重要なキーである光源のアイテムをなくし、さらに静謐さを与えています。

絵画で振り返る洗礼者聖ヨハネの人生。

幼少期


ムリーリョ「貝殻の子供たち」
実際には幼少時代に出会ってはいないんですが・・・あまりの愛らしさにヒトメボレした作品。


キリストに洗礼を与える。


ヴェロッキオとダ・ヴィンチ「キリストの洗礼」
この絵でダ・ヴィンチが師匠の筆を折ったのはもはや伝説。


荒野をさまよう。(修行)


ヒエロニムス・ボス「荒野の洗礼者聖ヨハネ」
実際にはこんなに老人ではありません。


ヘロデ王に諫言したのが元で、処刑される。


カラヴァッジョ「洗礼者聖ヨハネの断首」
処刑を描かせたら右に出る者はおりません。


そして生首に。


ルーカス・クラナハ「サロメ」
白目剥いてますから・・・!


しまいには浮いてみたり。


ギュスターヴ・モロー「出現」
血もしたたるいい男。


ヨハネの画像を集めるだけでもなかなか面白いです。どの場面をどう描くのか、画家によって実に個性が表れますね。

Web Gallery of Art
CGFA
[ TB*0 | CO*2 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

ちゅん吉 | URL | 2007/03/25(日) 08:40 [EDIT]
これから出かけるというのに、思わず立ち止まって見入ってしまいました!
ヨハネはサロメがほれ込むくらいだから、無自覚な色気がダダ漏れなんでしょうね・・

ひゃぁ~~またゆっくり鑑賞にきます!
素晴らしい作品群です☆

管理人 | URL | 2007/03/28(水) 22:44 [EDIT]
これから出かけるというのに、足を止めさせてしまってすみません。(汗)
いやしかし、このヨカナーンならサロメも惚れこんでしまうでしょうね! フェロモン出しすぎです!!
ヨハネは無垢な子供か生首のどちらかで描かれることが多いのですが、それにしてもギャップありすぎですね・・・。(苦笑)

TRACK BACK
TB*URL
copyright © 天球美術館 all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。