DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2007/03/04(日)   CATEGORY: バロック
聖アポロニア

フランシスコ・デ・スルバラン「聖アポロニア」
大きい画像はこちら

アポロニアはアレクサンドリアで殉教した聖女。
キリスト教徒が迫害に遭う中も、アレクサンドリアに残って布教を続けていたため逮捕され、拷問を受けました。
その拷問というのが、「歯をペンチで抜く」というもの。
想像するのも恐ろしい拷問ですが・・・

しかし、スルバランのアポロニアはどうにも拷問を受けた聖女には見えません。虫歯でも抜けたんでしょうか?(笑)
聖人画というのは、たいてい拷問に関わった道具などがアトリビュートになるので、アポロニアの場合は「歯」になります。しかしその歯がこんな描かれ方では、むしろ微笑ましいですね。
なお、アポロニアは歯医者の守護聖人となっております。



こちらはフーケの「聖アポロニアの殉教」。
おおお恐ろしい! これぞまさに拷問ですね・・・痛ましい。
でもどうせ拝むなら、スルバランのようなどこかのん気な感じの絵の方が良い気がします。

スルバランの聖女は他にもありますので、また紹介したいと思います。

Web Gallery of Art
[ TB*0 | CO*2 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

ちゅん吉 | URL | 2007/03/04(日) 20:54 [EDIT]
あの~~これもしや、ペンチを持ってるんでしょうか???
恐ろしい・・・
歯医者の守護聖人というところがなんとも・・・

歯を抜くなんて・・ぶりゅぶりゅ・・私はイボ焼いただけで拷問気分でした。

管理人 | URL | 2007/03/05(月) 23:22 [EDIT]
そうです、ペンチです。
まあ、自分の生首持ち歩いてる守護聖人よりはまだ穏便だと思います。
ちなみに歯痛の時に加護を与える聖人なので、歯が痛む時には思い出してあげてください。

私の今までの拷問は胃カメラでしたね・・・死ぬと思った。(汗)

TRACK BACK
TB*URL
copyright © 天球美術館 all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。