DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2007/02/11(日)   CATEGORY: ルネサンス
魔女キルケ

ドッソ・ドッシ「魔女キルケ」
大きい画像はこちら

キルケは太陽神ヘリオスの娘。オデュッセウスが彼女の住む島にたどり着くと、一行に薬を飲ませて姿を豚に変えてしまいます。
オデュッセウスはヘルメスから与えられた薬で、部下の姿を元に戻しますが、その後も案外居心地が良かったのか、1年ほど島にとどまり続けました。
そろそろ故郷に戻りたいと部下から言われ、ようやく島を離れることにしたオデュッセウスは(その間に二人には子供も生まれますよ)、キルケから航海の秘術を授けられます。それが、あのセイレンの歌声を聴いてはならないというものでした。

さて、そんなわけで今回ご紹介するのは「魔女キルケ」です。
「豪華な衣装を着た美女」というリクエストを頂いていたのですが、さてどうしようかと悩んだ末、こちらを選ばせていただきました。
豪華な衣装を身にまとい、堂々とした姿で描かれるキルケ。とはいえ、豚もオデュッセウスも描かれていないため、善良な魔女メリッサではないかという見方もあるそうですが・・・しかしこの魔女、自分の目にはかなり強そうに見えるのですが。(汗)
少し怯えたように見える犬も、元人間。鎧が転がっていることから、元は騎士であると想像されます。
後方に見えるのは、恐らくオデュッセウス一行。この後、どんな運命が待ち受けているかも知らず・・・。

Web Gallery of Art
[ TB*0 | CO*2 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

ちゅん吉 | URL | 2007/02/11(日) 10:23 [EDIT]
ありがとうございます!!
これは眼福!
オリエンタルな豪奢な衣装を身にまとった堂々とした美女ですね。
犬の目が妙に人間臭くてなかなか哀れ。
左上の木に吊るされているのは呪いのかかった人形?

魔術の最中でしょうか?絵版を手にして蝋燭(?)に火をともしてますね。

こんな美女に漂流した先で行き会ったら普通アヤシミますね。
そんなアヤシイ美女と子まで生してしまうオデュッセウスはやはり大物。

山岸涼子さんの漫画に「キルケ」というのがあるのですが、こちらは山に迷い込んだ子供達をもてなす妖艶な和風美女。(でも洋館に住んでる。)恐ろしい話でした。

ありがとうございました~~~!

管理人 | URL | 2007/02/12(月) 09:14 [EDIT]
あの吊るされているのは、やはり呪術の人形のようですね・・・。
どう見てもアヤシイです。ハイ。
「――海岸の向こうは、不思議の国でした」
というわけで、豚に変えられてしまいます。
美しき湯婆婆様に子供まで作ってしまうのは、さすがオデュッセウスというところですね、ホント。

「キルケ」という漫画もあるのですねー。しかも恐ろしいんですか・・・! やはり魔女キルケは近づかないほうが賢明ですね。(汗)

リクエスト、ありがとうございましたー!

TRACK BACK
TB*URL
copyright © 天球美術館 all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。