DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/11/18(土)   CATEGORY: バロック
聖マタイの召命

カラヴァッジョ「聖マタイの召命」
大きい画像はこちら

カラヴァッジョ、本名はミケランジェロ・メリージ。彼の作品を語るには、彼の生涯に触れないわけにはいきません。とはいえ、細かく語り始めればブログの一記事どころか一冊の本になってしまうでしょう。38年という短い人生は、暗くも激しいものでした。

すでに画家としての名声を打ち立てていたカラヴァッジョは34歳の時、テニスに似たスポーツで乱闘になり、ついに剣を抜いて殺人を犯してしまいます。
ローマの法で、殺人は死刑。
その後は逃亡の生活が始まります。聖ヨハネ騎士団の島、マルタにたどり着いた彼はそこで騎士に叙任されるものの、再び投獄され、脱獄します。そして逃亡しながらも絵を描き続け、後援者の貴族たちもローマ法王に働きかけ、いよいよ恩赦が近いという知らせが届きます。しかし途中、人違いでスペイン兵に捕まり、釈放後に高熱を出し、熱病でこの世を去ってしまいました。享年38歳。

さてこの「聖マタイの召命」ですが、これはカラヴァッジョが二十代で描き、一躍脚光を浴びた作品です。当時はまだ、この先訪れる暗い逃亡生活など想像もできていなかったでしょう。
逃亡中に描かれた絵にはやはり悲痛な色合いが表れていますが、若い頃に描かれたこの作品は、闇を照らす光から希望の色を見て取ることができます。

ちなみに聖マタイは十二使徒の一人で、「マタイによる福音書」の記述者とされています。(現在は別人であるという解釈がされているようですが、長年そう信じられていました)
元はローマの徴税人であったところ、イエスから「私に従いなさい」と言われて弟子になった人物です。そのため、画中では財布や金袋、または福音書記述者ということで書物やペンが描かれていることが多いです。(もしくは殉教した時の斧や槍だったり・・・)

この作品も、テーブルの上に金貨が描かれております。が、肝心のマタイは誰か。
これまでは自分の胸を指して「私ですか」と言っているように見える人物がマタイとされていました。が、現在ではうつむいている若い男がマタイであるというのが定説になっているそうです。「私ですか」ではなく、「この人ですか」と指しているようにも見えますしね。
ゆえに、マタイをどちらとして書かれているかによって、その本が古いかどうかも判定できるのです。ちなみに画像元のサイトでは、"Matthew brings his hand to his chest" と紹介されているので、昔の説を採用しているようです。

さらに、この作品のページでは、バッハの「マタイ受難曲」が聴けるようになっていて、なかなか心にくい演出もされております。
こちら

さて、今度の作品は「聖ペテロと聖アンデレの召命」。


つい先日、英王室の物置から見つかった作品です。長年、他人による模作だと思われていたそうですが、実際にはカラヴァッジョの真作であるようです。真贋がどのように鑑定されたのかは不明ですが、紛れもない事実であるとすれば嬉しい話ですね。

ペテロとアンデレは兄弟の漁師でした。ペテロはシモンという名だったのですが、イエスから「岩」の意味を持つペテロという名を与えられたのです。
それにしても「召命」というと何やら凄い儀式のようですが、まだ宗教としても確立していない・・・どころか形すらできていなかった初期の初期、とりあえず「ついてこない?」と勧誘した、というのが当時の状況だったでしょうね。

ペテロは「師と同じ十字架刑は恐れ多い」と望んだ逆さ十字、アンデレはX型十字が象徴となっております。アンデレの場合、別にX字と決まったわけではないのですが、聖人伝を集めた「黄金伝説」で「異国風の十字架」(アンデレは遠方へ伝道の旅に出た)と書かれていたので、一風変わったX字とされたようです。
後にブルゴーニュ公の守護聖人に採用されたため、これを「ブルゴーニュ十字」と呼ぶようになりました。またスコットランドの守護聖人となったために、現在もスコットランドの国旗は青地に白のX字が使用されております。→こちら


・・・何だか聖人の話ばかりになってしまいましたが、この絵に関するエピソードが実はまだ不明です。これからいろいろとわかれば面白いですね。
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
copyright © 天球美術館 all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。