DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/10/22(日)   CATEGORY: 美術展レビュー
ウィーン美術アカデミー名品展

ウィーン美術アカデミー名品展

◎この展覧会の見どころ
ドイツ・ルネサンスの巨匠クラナハの板絵4点、ルーベンス、ファン・ダイク、レンブラントなど17世紀バロックの作家、スペインのムリーリョ、イタリアのグアルディ、アカデミーの教授たちの作品など約80点で、ウィーンで守り愛されてきた400年に亘るヨーロッパ絵画の流れを展観いたします。 (公式サイトより)

楽しみにしていたのはクラナハ、レンブラント、ムリーリョあたり。
クラナハは4点と紹介されていますが、そのうち1点は工房の作品。ということで、本人の真筆ではありません。


こちらは「不釣合いなカップル」。老いた男と若い女。年齢のあまりに離れた二人の間に愛は存在するのか? その問いに答えるかのように、女の手は男の財布へとのばされています。(恐ろしい)
また、以前に掲載したのとは別バージョンの「ルクレツィア」もありました。

宣伝文句に挙がっている巨匠たちは、ほとんどが1点しかないという状態でした・・・が、ムリーリョは特に素晴らしかったです。プラド展以来、久々に実物を観られました。


「サイコロ遊びをする少年たち」・・・本来、賭け事は悪徳の象徴とされるのですが、無邪気に遊ぶ子供たちからはそんな雰囲気の欠片も感じられません。
プラド展で来ていた「貝殻の子供たち」でもそうですが、本当に愛らしい子供を描くのが巧いです。

他には、ミヒャエル・ヴッキーという人の作品が目を引きました。 初めて観る作品ばかり。
イタリアで活躍した風景画家で、今回来ていたのはナポリ湾の海景画とヴェスヴィオ山の噴火2枚でした。

「ナポリ湾から望むヴェスヴィオ山の噴火」
ちなみにポンペイを廃墟にした時のではなくて、彼の生きている当時の噴火だそうです。

全体的に規模は大きくなくても、なかなか味のある作品が多くて、充分に堪能できました。
しかし東郷青児美術館というのに、東郷青児の作品は点数が少なくて残念でした。実物をもっと観たかったところです。
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
copyright © 天球美術館 all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。