DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2014/11/03(月)   CATEGORY: 美術展レビュー
ボストン美術館 ミレー展 傑作の数々と画家の真実
三菱一号館美術館で開催中の「ミレー展」内覧会に行ってまいりました。



ミレーと言えば「農民画家」などと称されることが多いと思います。これは「農民を描いた画家」という意味では正しいのですが、ミレー自身が農民だったという意味では少々そぐわないようです。
もともとミレーの家は裕福な農家だったそうですが、本人が農作業の手伝いなどをしていたのは絵の修行に出るまでの期間だけだったそう。
それでも、その生い立ちが農民に焦点を当てるきっかけになったようにも思いますが。そんな経験を生かした作品が、かの「晩鐘」だそうです。


参照:「晩鐘」
※今回は出品されておりません。先日レポートしたオルセー美術館展に出ておりました。

夕方、農作業の手を止めて祈りを捧げる夫婦の姿が描かれています。
実際には自分の幼少時、農作業中に鐘の音が聞こえると帽子を取ってお祈りをしていた祖母を思い出して描いたのだそうです。たとえ短い間でも、自ら農作業を手伝っていなければ、この名作は生まれなかったでしょうね。
つづきを表示
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top
copyright © 天球美術館 all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。