DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2014/03/23(日)   CATEGORY: 美術展レビュー
シャヴァンヌ展 水辺のアルカディア

上げるのがだいぶ遅くなりましたが、会期終了間際にシャヴァンヌ展に行ってまいりました。

ピエール・ピュヴィス・ド・シャヴァンヌは19世紀フランスの画家で、後に印象派などにも大きな影響を与えた巨匠ですが、日本ではほとんど知られていません。自分も正直まったく知りませんでした。(後で作品だけは以前に観たことがあったと気づきましたが、名前を把握しておりませんでした)
主立った作品が壁画のため、なかなか来日が難しかったということもあるかと思います。

今回、シャヴァンヌ作品が一堂に会した会場に入り、その静謐な世界に魅了されました。



「諸芸術とミューズたちの集う聖なる森」

ポスターでも使われている、今回の目玉作品。
大版作品のため縮小画像になってしまいますが、実物を観ると神秘的な世界に吸い込まれそうになります。淡く煙るような色使いが神話のモチーフとマッチしており、本当に天上の世界が目の前に広がっているかのような錯覚に陥ります。
実際には教会の壁画ですので、本来の現場で鑑賞すればさらにその実感が増すだろうと思います。
つづきを表示
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*2 ] page top
DATE: 2014/03/02(日)   CATEGORY: 美術展レビュー
ザ・ビューティフル 英国の唯美主義

先日、三菱一号館美術館で開催中の「ザ・ビューティフル 英国の唯美主義」展に行ってまいりました。
日本ではさほどなじみのない画家が多いせいなのか、休日だというのに人があまりいなくて、お陰で落ち着いてゆったり観られました。(しかし、これでいいのかという疑問も)
ちょうど同時期に開催中の「ラファエル前派展」と画家もかぶるので、両方見比べるのも面白いと思います。ラファエル前派の方もチケット購入済みなので、そのうち観に行く予定です。

今回は内覧会ではないので写真撮影は当然できません。そのため、気に入った作品をいくつか記録しておきます。



アルバート・ムーア「真夏」
今回の目玉として、ポスターに使われている作品。
実物はかなり大きく、とても迫力があります。会場が空いていたお陰で、近寄ったり離れたりして、その細部のなめらかな筆遣いまでじっくり堪能することができました。鮮やかなオレンジが目を引きます。部屋にこんな絵を飾ったら、一気に華やかになるだろうなと思います。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
copyright © 天球美術館 all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。