DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2013/09/16(月)   CATEGORY: 美術展レビュー
ルーヴル美術館展 ―地中海 四千年のものがたり―

9月13日、東京都美術館で開催中の「ルーヴル美術館展―地中海 四千年のものがたり―」内覧会に参加してきました。

本家であるルーヴル美術館は、現在以下8つの美術部門があります。
・古代ギリシア・エトルリア・ローマ美術
・古代エジプト美術
・古代オリエント美術
・イスラム美術
・絵画
・彫刻
・美術工芸品
・素画・版画
この8部門の壁を取り払い、「地中海」という一つのテーマにまとめた展覧会が、今回の「ルーヴル美術館展」です。これはルーヴル史上初の試みだということです。
もともと古代ギリシア・ローマ史や文化が好きな私には、願ってもないテーマです。

地中海周辺地域となるとほぼ同じ気候帯に属すため、植生が共通し、さらにそこから生活習慣・食事も似通ってくるようになります。
その限定された地域において、4000年に渡る時間の中で推移していく文化の流れがわかりやすく展示されておりました。
言ってみれば、まさに世界史の教科書や図説そのままです。(世界史の授業って本当に地中海地方中心だなあと思いますね……)しかも現物ですから、迫力が段違い。


序章の展示「気候と三つの作物」、これは小麦・ぶどう・オリーブを指します。その中でも解説してくださった学芸員さんのオススメがこちら。



右:「ボワッソー升(小麦を量る升)の形をした耳飾り」

他にも下のように、葡萄の房の形の耳飾りや首飾りもあるのですが、そういうものは現代でもよくありそうですよね。しかし小麦用の升というのはなかなか斬新(笑)



最近では理系女子向け(?)に化学式模様や基盤のアクセサリーも密かに人気らしいですが、これも昔の理系女子向けだったのでしょうか。
というか、今でもこのレプリカ売ってくれれば欲しいです。ミュージアムショップにはありませんでしたが。
つづきを表示
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top
copyright © 天球美術館 all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。