DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2013/07/08(月)   CATEGORY: 美術展レビュー
プーシキン美術館展 フランス絵画の300年

7月6日、横浜美術館で始まった「プーシキン美術館展 フランス絵画300年」の内覧会に行ってきました。
実はこの展覧会、2年前の2011年4月に開催される予定だったのですが、その直前に東日本大震災が起こり、頻発する余震や原発事故の影響によりロシア側が作品の貸出を見合わせたため、急遽中止となっていたのです。私も当時楽しみにしていて、割引券も持っていたのですが、まさかこうして再び実現し、しかも内覧会にまで行けるとは思ってもみませんでした。

学芸員さんのお話によれば、2年前のあの震災は作品がロシアを出発する4日前のことだったそうです。まあ、それは神経質にもなりますよね。関係者の皆様、本当にお疲れ様でした。無事開催できて良かったです。
そして、やはりその中止により楽しみにしていたファンが初日に押し寄せたのか、この日は開館時間前に200人以上の行列ができていたそうです。

ところでロシアの美術館といえば、真っ先に思い浮かべるのはエルミタージュではないでしょうか。自分もプーシキンは2年前の告知まで知らなかったクチですが(苦笑)
この名前になってからはまだ日が浅く、元はモスクワ大学附属アレクサンドル3世美術館という名前でしたが、1937年に詩人プーシキンの没後100年を記念して、この名称に改められたということです。

コレクションの担い手は、最初は王室、やがて19世紀になるとイワン・モロゾフ氏とセルゲイ・シチューキン氏という2人の大富豪の名が挙がります。両者ともロシア革命の翌1918年に財産を没収されてしまい、邸宅も美術館に姿を変えたそうです。

今回の展覧会では17~20世紀までの約300年にわたるフランス絵画の変遷を、特に人物画に注目して見ていこうとする試みです。実際、展示されているのはほとんどが人物画です。こういうのはちょっと珍しいかもしれませんね。

その中でも気に入ったものをいくつかご紹介します。


ジャン=オーギュスト=ドミニク・アングル「聖杯の前の聖母」

第2章「19世紀前半―新古典主義、ロマン主義、自然主義」の目玉作品。
新古典主義らしい、筆の跡も残らないような滑らかな質感、陶器のような肌。そして「グランド・オダリスク」「トルコ風呂」と同様、マニエリスム的な人体の引き伸ばし技法がここにも使われています。
アレクサンドル皇太子(後の皇帝)が自ら依頼した作品で、背後にはアレクサンドルとその父ニコライ1世の守護聖人、聖アレクサンドルと聖ニコライの二人が描かれています。

<参考>

↑グランド・オダリスク

↑トルコ風呂
つづきを表示
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2013/07/03(水)   CATEGORY: 美術展レビュー
エミール・クラウスとベルギーの印象派

会期がそろそろ終わるので、6月29日に東京ステーションギャラリーで開催中の「エミール・クラウスとベルギーの印象派」展に行ってきました。

実は東京都美術館の「レオナルド・ダ・ヴィンチ 天才の肖像」展の帰りに寄ったのですが、前者の方が規模も知名度もはるかに上にも関わらず、このエミール・クラウスの方が個人的にはかなり印象に残りました。
印象派というとフランスのイメージしかなく、ベルギーの印象派の画家のことは全く知らなかったのですが、一目で吸い込まれるように見入ってしまいました。



「レイエ河畔に座る少女」


「昼休み」


クラウスはフランスの印象派から影響を受け、独自のルミニスム(光輝主義)と言われるスタイルで、驚くほどの「光」の追求を続けた画家だそうです。
時代とともに次第に絵の中の光が強まっていくのが伝わってきました。
個人的には初期の緻密な表現の方が好みです。
スイスの画家アルベルト・アンカーやバルビゾン派のコローを思い起こさせるような筆致です。(自分の好みがはっきりとわかりますね(苦笑))




風景では、上の「タチアオイ」が素晴らしかったです。まるで上から本当に照明を当てているのかと錯覚するほど、神々しいまでの光の中に咲き誇るタチアオイ。いったいどんな目をしているのだろうかと思ってしまいますね。

ベルギーの印象派についてまたいろいろ調べてみたくなりました。
決して大きくはない展示室ですが、非常に良質な展覧会でした。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
copyright © 天球美術館 all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。