DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2013/06/30(日)   CATEGORY: 美術展レビュー
「浮世絵 Floating World」内覧会
6月25日、三菱一号館美術館で開催中の「浮世絵 Floating World-珠玉の斎藤コレクション」内覧会に行ってまいりました。

三菱一号館というと、19世紀に建てられた洋館ビルを復元したこともあり、近代西洋絵画が中心のイメージだったのですが、今回は浮世絵。
ちょっと珍しいと思っていたのですが、それにはちゃんとコンセプトがあるそう。
そう、浮世絵と言えば印象派の画家たちなどが大いにインスパイアされたことで有名。すなわち、19世紀の洋館で当時の雰囲気に浸りながら、19世紀の画家たちのように浮世絵を眺めてみようという企画なのです。
そのため、所蔵品のロートレックなどの西洋画もところどころに飾られています。特に暖炉の上。こんな展示方法ができるのは、この美術館くらいですよね(笑)


こんな感じ。この絵はエルマン・ポールの「帽子屋の女たち」



また、浮世絵といえば錦絵(多色刷りの版画)のイメージが強いかと思いますが、今回はかなり肉筆画も展示されています。自分が肉筆画の実物を観たのは小布施町の北斎館だったと思いますが、やはり趣が全く異なりますね。彫師の手による木版ではなく、絵師本人の手による繊細な筆遣いがじかに伝わってきて、非常に味わい深いです。


なお、今回の肉筆画の展示方法は少々変わっております。

普段は上のようなガラスケースに収められるのですが、今回は下のようなガラスケースも使用されています。
これ、何のケースだと思いますか?

つづきを表示
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2013/06/02(日)   CATEGORY: 美術展レビュー
幸之助と伝統工芸展

5月30日、パナソニック汐留ミュージアムの内覧会に行ってきました。
開館10周年記念「幸之助と伝統工芸展」、今回は中期の展示替えということで開催されました。

まず、この建物に入るのは初めてなのですが、サイトに道案内が写真つきで載っているにも関わらず、入り口になかなか到達できませんでした(汗)
ショールームが下にあるので、どこから入ればいいのかわからなかったんですよね。
そして館内照明にしても、お手洗いにしても、パナソニックの最新技術がふんだんに使われていてさすがだなーと感心してしまいました。

特に、無料のロッカー。普通は100円入れれば後で戻ってくるのが一般的だと思うのですが、ここでは違います。首から提げるIDカードを貸し出され、それをセンサーにかざすと自動的にロッカーが開く仕組みです。なんというハイテク具合。

ここにかざすと……

自動的に開く。


そんな風にいきなり圧倒されたところで、いよいよ開始です。
(ちなみに今回はプレス用のIDカードも貸与されました。ただのブロガーなのに何だかすみません……)


内覧会恒例のギャラリートーク、今まではホールなどでスライドを使っての講義形式だったのですが、ここでは展示室内で立ったまま、実物を見て回りながら行われました。ちょっとびっくり。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
copyright © 天球美術館 all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。