DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2010/07/19(月)   CATEGORY: 美術展レビュー
マネとモダン・パリ展
ずいぶん遅くなってしまいましたが、「マネとモダン・パリ」展に行ってきたのでレビューを上げます。
この展覧会は、三菱一号館美術館の開館記念として開催されました。

まずはこの美術館ですが、明治期に三菱で初めて建てた洋風建築(事務所)である「三菱一号館」を復元したものです。そのため、(今から見れば)いかにもレトロな造りで、洋館などに興味のある方は建物自体にも楽しめるのではないかと思います。

しかし、だからこそ展示室内は狭くなっているため、入場時も数人ずつでないと入れないように制限されていました。もっと凄い目玉作品が来たりしたらどうなるんだろうか……(汗)
なお、復元するのは良いとしても、床だけは収音効果を考えてほしかったです。これだけは難点。鑑賞中に、靴音がカツカツとかなり耳障りなので……。別にそこまでこだわらなくても良いような気もします。暖炉だって火が入るわけじゃないんだし。

さて、それはともかく展覧会です。
マネの系譜を追いながらなので、初めの方にスペイン風絵画が置かれていました。(一時期、マネはスペイン絵画の影響を受けていた)



「ローラ・ド・ヴァランス」

詩人ボードレールによれば、「暗いところもあれば陽気なところもある美女」というローラ・ド・ヴァランス。暗い背景から浮かび上がる、鮮やかな人物像に目を惹かれます。彼女のどこか物憂げな表情も、ボードレールの言葉を思い起こさせます。
なお、この作品が展示された時はまた物議を醸したそうです。(いつものことですね、マネ……)
荒いタッチに激しい色使いは、まだ当時のフランスでは受け入れられなかった模様。いつも時代の先端を行くのがマネ。



「死せる闘牛士」

こちらも言わずもがな、スペイン趣味による作品。有名な作品ではありますが、本当はこれが「一部」だったとは初めて知りました。
実はもともとこの作品、上部に闘牛のシーンが描かれていたのですが、遠近法がおかしいと指摘され、何とキャンバスを二つに切ってしまったのです。その下部がこれ。……確かに、妙に長細いですよね。
でもこれだけでも充分に伝わってくる作品だと思います。
つづきを表示
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top
copyright © 天球美術館 all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。