DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2010/04/03(土)   CATEGORY: 美術展レビュー
長谷川等伯展
とても今さら感が漂っていますが、少し落ち着いたので思い出しながらレビューを書きます。



3月22日、大盛況で幕を閉じた「長谷川等伯展」。没後400年記念とはいえ、ここまで人が集まるとは予想外でした……皆さん、等伯結構お好きなんですね?

会場は、第一展示コーナーと第二展示コーナーの二つに分かれており、案内の人が「第一会場は混んでいるので第二からどうぞ」と言っておりました。
ちなみに第一は主に彩色画、第二は主に水墨画、という感じに分けてありました。
彩色画の方が混んでいたわけですが……しかし掛け軸などは傷みがかなり激しくて……(汗)
絵が可哀想でした。
「巻く」という掛け軸の性質上、仕方のないことではあるのでしょうけど、もうちょっとこう、修復とかできないものなのでしょうか? 素人にはわかりかねますが;;

以下は、自分の気に入ったものを挙げてゆきます。




「柳橋水車図屏風」

等伯の作品としては珍しく感じられる、豪華絢爛な作品。一双の屏風に跨って架かる黄金の橋に目を奪われます。
柳、橋、水車、蛇籠(じゃかご)が指すのは、京都の宇治橋。
派手さが売りの狩野派にも引けを取らないほど、見事な京の風景です。
それにしてもこれ、京都国立博物館の所蔵品らしいのですが……かなり前に行った時に観ていたのでしょうか……。記憶がないのですが……(汗)
つづきを表示
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top
copyright © 天球美術館 all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。