DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2010/02/28(日)   CATEGORY: 美術展レビュー
ボルゲーゼ美術館展
だいぶレビューが遅れてしまいました。
ええと……先々週あたりでしょうか。ボルゲーゼ美術館展に行ってまいりました。




ボルゲーゼ家は17世紀イタリアで栄え、芸術のパトロンとしても活躍した一族です。
その収められている作品にはラファエロ、カラヴァッジョ、ベルニーニなど、名作が数多くある……のですが、なにぶんハプスブルク展を観た後ではやや小ぶりに感じられてしまうのはやむを得ません。(苦笑)
というか、ハプスブルクにかなう家はないでしょう、欧州で!(笑)

今回の目玉はこちらの作品。



ラファエロ・サンツィオ「一角獣を抱く貴婦人」

もともとは保存状態が悪く、修復を施そうとした時点では、まったく別の作品でした。
というのも、この女性は方に不自然な形で布が覆われ、腕の中には車輪と棕櫚が抱かれていたのです。
車輪と棕櫚――特に車輪を持つ女性と来れば、間違いなく聖女カタリナ。(カタリナの拷問用具がアトリビュートになっとります;)
だからこそカタリナの絵だと思われていたのですが……X線を当ててみたら、あら不思議。
何と腕の中には一角獣が抱かれていたのでした。
一角獣は純潔の象徴。いったいこの女性が誰なのか、何を示すのか、いまだに謎のままであるそうです……。
結婚の祝福に描かれたものなんでしょうかね?(一角獣は貞淑の象徴でもある)
つづきを表示
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top
copyright © 天球美術館 all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。