DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
パラス・アテナ
新年明けましておめでとうございます。
今年の幕開けは、正月らしく(?)黄金の作品をご紹介いたします。


グスタフ・クリムト「パラス・アテナ」
大きい画像はこちら


クリムトと言えばまず思い浮かぶのが、この「金箔」。
当時の西洋美術では珍しく、ふんだんに金を使用したことで有名です。
クリムトが金を用いるようになった理由としては、次のような点が指摘されています。

・クリムトの父が彫金細工師だったこと
・ビザンチン美術の影響
・日本美術の影響

ビザンチン美術や日本美術の影響は確かにあるでしょうが、しかしその中でも一番大きかったのは生まれ育った環境なんだろうなあと思います。小さい頃から金細工を目の当たりにしていたからこそ、異文化の中で美しくきらめく黄金の魅力に対しても敏感だったのではないでしょうか。

そんなクリムトが最初に手掛けた金箔作品が、こちらの「パラス・アテナ」。

アテナ、すなわち知恵の女神アテネ(アテナイ)は、ゼウスの頭を斧で割ったら飛び出してきたという驚嘆の出生譚を持つ、猛々しい戦の女神でもあります。

胸元にある妙な顔は、見た者を石に変えるというゴルゴンの首。これは勇者ペルセウスに退治された後、その首を捧げられたアテネが盾に飾って持ち歩いているからです。なので、ゴルゴン付きの盾が描かれていたら、その絵はアテネだと判断することができます。

左肩には、知恵の象徴であり、アテネの使いであるフクロウ。
右手には、勝利の女神であるニケの像。

何とも不思議な構図に思えます。真正面から描かれているのに、シンメトリーでないせいでしょうか……。

なお、この作品は昨年に開催された「クリムト、シーレ ウィーン世紀末展」で来日しておりました。実物を観た感想としては、思ったほど派手ではないなーというものでした。
金箔の色も落ち着いているし、サイズもさほど大きくないので、むしろ地味な感じもしました。
とはいえ、女神の神々しさはしっかりと伝わってきたと思います。


CGFA
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top
copyright © 天球美術館 all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。