DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/11/08(日)   CATEGORY: 美術展レビュー
THE ハプスブルク

先日は国立新美術館で開催中の「THE ハプスブルク」に行ってまいりました。
さすがは偉大なるハプスブルク王朝、所蔵作品に名を連ねる画家が見事にオールスターになっておりました。(笑)
今回ご紹介するのはその中のごく一部、自分の気になったものになります。



アンドレアス・メラー「11歳の女帝マリア・テレジア」

まずはこの作品。ハプスブルクといえばマリア・テレジアでしょう!ということで。
しかしこの絵が描かれた当時は、この後で激動の人生が待っているとも、16人の子供の母親になるとも、誰も知らなかったわけですよね。
ちなみにマリア・テレジアは、実際には「女帝」(皇帝)として即位したわけではなく、あくまで皇位は夫のもので、彼女は「皇后」だったそうですが……誰もが「女帝」と信じて疑いませんよね。(苦笑)
かくいう私もそうだと思っていました……



ティツィアーノ・ヴェチェリオ「イザベッラ・デステ」

まさかここでイザベッラに会えるとは……!!
望外のことに、思わず胸が高鳴りました。
イザベッラはフェラーラのエステ家の娘で、小国マントヴァに嫁ぎました。才色兼備で芸術を愛することで知られ、芸術家のパトロンとしても名を残しています。
ここでは可愛らしく描かれていますが、実際にはかなりのやり手で、夫が捕虜にされて命を脅かされても冷静さを失わず、放置プレイを貫いたという……(いや、実際にはそれも作戦だったみたいですが。しかし夫には恐れられてしまったらしい;)
ちょうど塩野七生さんの「ルネサンスの女たち」を読んだばかりだったので、とてもタイムリーでした。
なお、ダ・ヴィンチにも肖像画を依頼していたようですが、それはかなわなかったとのこと。観てみたかった……!


つづきを表示
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*2 ] page top
copyright © 天球美術館 all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。