DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/07/27(月)   CATEGORY: 美術展レビュー
フランス絵画の19世紀(2)
引き続き、「フランス絵画の19世紀」レビューです。
前の記事はこちら



レオン・コニエ「死せる娘を描くティントレット」

ティントレットはルネサンス期、ヴェネツィア派の巨匠。本名はヤーコポ・ロブスティですが、家が染物屋だったため、ティントレット(染物屋の息子)と呼ばれるようになったそうです。

さて、ここに描かれているのはそのかつての巨匠の深い悲しみの様子。
自分の弟子でもあった娘マリアを若くして亡くしてしまった巨匠。彼はその亡骸を前に、絵筆を取っています。最期の姿をこの世にとどめるために……

光と闇の表現は、バロック期の手法を髣髴させます。
なお、ティントレットの顔は、ルーヴル美術館所蔵の自画像を元に描いたとのこと。そんなわけで、画像を探してきました。


うん、確かに似てる……ていうかそのものだね。(汗)
なお、この自画像は娘が亡くなる1年前に描かれたものです。




アンリ・レーマン「預言者エレミヤ」

こちらは旧約聖書「エレミヤ書」より。
預言者エレミヤは「災いが来る」と告げますが、それによって牢に繋がれてしまいます。彼の言葉は書記バルクが口述筆記していたということから、左側には青年姿のバルクが描かれています。
エレミヤの背後の天使はエルサレムの方角を指差し、この都を破壊すると威嚇しているのだそうです。そのためか、表情も大変険しいです。

しかし何より目を引くのがエレミヤの姿。苦渋にまみれながらも、その瞳には強い意志がうかがえます。
ところで図録の解説には「手を支えにして痩せた体を起こしている」と書かれているのですが……かなり筋肉むきむきで、とても痩せ衰えているようには見えないのですが……?(汗)
つづきを表示
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*2 ] page top
DATE: 2009/07/27(月)   CATEGORY: 美術展レビュー
フランス絵画の19世紀


先日の連休に行ってまいりました。
横浜美術館で開催中の「フランス絵画の19世紀」。

連休に加え、夏休みスタートだというにも関わらず、かなり空いていてびっくりしました。
まあ、確かにあまり日本では有名な作品は来ていなかったので、注目度が低いということもあるでしょうけれど……
でもそのお陰で、充分楽しむことが出来ました。感謝。


今回の中心となるのが、「アカデミズム」。
ダヴィット、アングル、ドラロッシュというお歴々の名が示すとおり、アカデミーの優秀な作品群が集結しました。

19世紀というくくりなので、新古典主義からロマン派、印象派へと流れてゆくわけなんですが、アカデミーな作品好きの管理人はそちらを中心に語ります。(苦笑)



ミシェル=マルタン・ドロリング「アキレウスの怒り」

まずはローマ賞受賞作からスタート。
今回の図録にローマ賞について説明がありましたので、一部紹介致します。

「ローマ賞」とは王立アカデミーにおける、権威ある選抜制度。当時、絵画ジャンルの中で最高ランクにおかれていた「歴史画」がテーマです。
まず一次試験では、宗教史・古代史・神話などに基づく特定のテーマで下絵を描きます。
二次試験では、外部の助けを借りずに一人で絵画作品を完成させます。
合格者は官費で数年間、ローマにあるフランス・アカデミーに留学することができました。
なんとも豪華な賞ですね。しかし、受賞しても鳴かず飛ばずで終わってしまう画家もいたようで……これは現代の各賞やコンクールと似たようなものですね。(苦笑)

さて上の作品ですが、タイトルは「アキレウスの怒り」。
ご存知、トロイア戦争から取られています。
自分の恋人であるブリセイスを奪い取ったアガメムノン(トロイア侵攻連合軍の総大将。アキレウスにしてみれば上司)を殺そうとしているところです。
もちろん、いさめられて未遂に終わるのですが……
上空からアキレウスを止めようとしているのは、女神アテナ。
トロイア戦争は、同時に神々同士の対立でもあり、アテナはギリシア側についているのです。確かに、総大将が殺されたらえらいことですからね……。アキレウスも無事では済まないし、そうなると一気に連合軍はガタガタになるでしょうから。(汗)

作品自体は、さすがはアカデミズム、なめらかな肢体の表現は見事と惚れ惚れしました。
アガメムノンがイメージよりもだいぶ若い気もしますが、やはり肉体の表現上、若返させられたのかなと思います。



アリ・シェフェール「糸巻のマルガレーテ」

通りかかると思わず足を止めざるを得ない、そんな雰囲気を持った作品です。
題材はゲーテの「ファウスト」より。

マルガレーテ、通称グレートヒェンは無垢で純真な信心深い娘。しかしファウストとの恋により、絶望の底に突き落とされる。
母親も兄もファウストに殺され、さらに彼が去った後で婚外子を産み、持て余した末に子供を沼に沈めてしまう。そうして彼女は婚前交渉および嬰児殺しで死罪を宣告され、処刑されてしまう――

どこまで不幸なんだと言いたくなるマルガレーテですが、最後まで信仰を捨てることはありませんでした。

幸薄い表情ながら、どこか落ち着いて見えるのは、その厚い信仰心ゆえでしょうか……。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2009/07/11(土)   CATEGORY: 美術展レビュー
奇想の王国 だまし絵展


レビューを上げるのが大変遅くなってしまいました。
それでも記憶がすっかり抜け落ちる前に載せようと思います。(汗)

今回は「だまし絵」ということで、予備知識なしでも割りと気軽に楽しめる展覧会になっていたのではないかと思います。
平日の昼間に行ったのですが、その割には若い世代が多めな感じでした。


まずはこちら。
本邦初公開、アルチンボルドのルドルフ2世です。


ジュゼッペ・アルチンボルド「ウェルトゥムヌス(ルドルフ2世)」

ウェルトゥムヌスとは果樹園をつかさどるローマ神話の神。その神に、時の皇帝ルドルフ2世をなぞらえたわけですが……
なぞらえるというか、果実そのものにしてしまうところが凄いですよね……(汗)

今の感覚で見てしまうと、「へぇ~凄いな~」くらいに思えてしまうかもしれませんが、当時(16世紀末)の人は本気で度肝抜かれたんじゃないかと思います。まるで現代アートの感覚ですよね。こういう人が本物の天才とか鬼才とか言うんじゃないでしょうか……。
そして、こういうのを面白がって重用して、もりもり描かせたルドルフ2世も只者じゃないですよね。頭の固い君主なら「けしからん!」とか言うかもしれませんし。



デ・スコット・エヴァンズ「インコへのオマージュ」

今回の展覧会で一番多いと感じたのが、このパターン。
これは割れたガラスを本物っぽく見せています。壁に貼られた本物のリボンや手紙や額に見せかけた絵、という、だまし絵が多めでしたね。
こういうのを「トロンプルイユ」と呼ぶのだそうです。ただ、この手のものは、ずらっと似たようなパターンを並べてしまうと、やや興ざめな感もあります。普通の絵の中に時々「あれ?」と思わせないと、効果が半減してしまうような。
[ TB*0 | CO*3 ] page top
copyright © 天球美術館 all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。