DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/05/28(木)   CATEGORY: 美術展レビュー
ルーヴル美術館展――17世紀ヨーロッパ絵画


少し前のことですが、ようやく行ってまいりました。
今回の目玉は何といってもフェルメールでしょう。
2007年の「牛乳を注ぐ女」、2008年の「フェルメール展」に引き続き、3年連続での来日です。大人気ですね、フェルメール!

あんまり人気が出て混雑するのは嫌なのですが(汗)、そのぶん日本で観られる機会が増えるのはありがたいです。



ヨハネス・フェルメール「レースを編む女」
作品紹介はこちら

会場入りは、平日昼でも40分待ちでしたが、そのお陰で割りと余裕を持って観ることができました。特にこの作品はとてもサイズが小さいので、混み合ったりしていては何もわかりませんからね。
2007年の「牛乳を注ぐ女」(これもサイズが小さい)は国立新美術館でしたが、人の頭越しに、物凄く遠くから眺めるしかないという切なすぎる環境でしたので・・・。オペラグラスが要る美術鑑賞って!!(涙)


さて今回は「17世紀ヨーロッパ絵画」という、かなり大雑把なくくりでしたので、テーマも展示もかなりバラバラな印象がありました。(汗)
風俗画もいろいろと展示されてはいましたが、その中で一番印象的だったのはこちら。


フランス・ハルス「リュートを持つ道化師」

ぱっと目を引く色使い。生きているかのような躍動感に、豊かな表情。
やはり、ハルスはこうした元気な風俗画が得意ですね。また今回は陽気な酒場の風景とは違って、「あえておどけている」道化師の仕事モードの顔が見えます。
つづきを表示
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top
プロセルピナ


ダンテ・ガブリエル・ロセッティ「プロセルピナ」

大きい画像はこちら

どこか物憂げに、不安な表情を浮かべながら、キャンバスの中から鑑賞者を振り返るプロセルピナ。その手にした赤い果実は、柘榴。
ギリシア・ローマ神話をモチーフにした、ラファエル前派ロセッティの代表作の一枚です。

冥界の王プルート(ギリシア神話のハデス)は、美しき娘プロセルピナに目をつけ、地底へ連れ去ってしまいました。プロセルピナは、ギリシア神話では「ペルセポネ」と呼ばれています。
彼女の母(豊穣の神、ローマではケレス。ギリシアではデメテル)は嘆き悲しみ、手を尽くしてようやく探し出しましたが、彼女を連れ戻すことはできませんでした。というのも、彼女がすでに冥界の食べ物を口にしていたため、地上に戻ることができなかったのです。
キャンバスに描かれた柘榴は、彼女が食したという説に基づいています。言ってみれば、禁断の果実。

なお、口にしたのが柘榴の半分だったことから、彼女は1年の半分を冥界で、残りの半分を地上で暮らすことになりました。
娘と離れている間は、母である豊穣の女神が実りをもたらさなくなったため、地上に「季節」が生まれたと言われています。(春夏はプロセルピナが地上にいる期間、秋冬は冥界にいる期間)


ちなみに、 このプロセルピナの伝説は、ロセッティの私生活を暗示しているようにも見えます。
彼は、妻エリザベスと婚約中の頃から、このモデルの女性ジェーンと惹かれ合っていたと言います。しかも、そのジェーンは後に(ラファエル前派の)仲間であるウィリアム・モリスの妻となるのです。何とも見事な四角関係。
画中のジェーンが口にする禁断の果実は、何を示しているのでしょうか――

そして、ロセッティ夫妻の人生は彼女の出現により大きく変わることになり、ジェーン・モリスは「ファム・ファタール」(運命の女)と呼ばれるようになるのです。

CGFA
[ TB*0 | CO*0 ] page top
copyright © 天球美術館 all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。