DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/01/01(木)   CATEGORY: バロック
エウロペの誘拐

レンブラント・ファン・レイン「エウロペの誘拐」
大きい画像はこちら

皆様、明けましておめでとうございます。
新年第1回目の更新は、レンブラントとなりました。
・・・というか、単に「牛」だからなのですが。(苦笑)

牛と言えば牡牛座の元になったエウロペの伝説。
というわけで今回選択しました。


エウロペは地中海の東に暮らす美しき王女。
彼女を一目見て惚れ込んだゼウスは、怪しまれずに近づくために一計を案じます。
それが常套手段の「変身」。
白い牡牛の姿に変じたゼウスは、侍女と海岸で戯れていたエウロペの前に現れます。牡牛のおとなしい様子にすっかり安心したエウロペは、ついにその背に乗ってしまいます。
それが彼女の運の尽き。ゼウス牛は彼女を乗せたまま、猛スピードで海を渡り、クレタ島までやってきます。そこで彼女を手に入れたゼウスは三人の子をもうけました。
そしてエウロペは、後にその地でクレタ王妃となるのです・・・。

この時の牛の姿が天上に瞬く牡牛座となり、エウロペの名は欧州の大陸の名として残ることになったのです。

さて、このレンブラントの作品。左側の鬱蒼と茂った森は人間の住む地上世界、右側の光差す海は神々の暮らす天上世界を表しているのだそうです。
光と影の対比はいかにもレンブラントらしいです。


・・・新年から略奪話で良かったんでしょうか。(汗)
それはともかく(苦笑)、本年も当ブログをよろしくお願い致します。


Web Gallery of Art
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*2 ] page top
copyright © 天球美術館 all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。