DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/11/29(土)   CATEGORY: 美術展レビュー
ジョン・エヴァレット・ミレイ展


いったいいつの話なんだと言われそうですが・・・
先月に行ったミレイ展のレビューを今頃上げてみます。記憶がもっと薄れる前に・・・(汗)


ジョン・エヴァレット・ミレイはイギリス、ラファエル前派の画家。
11歳にして史上最年少でロイヤル・アカデミーに入学するという天才少年っぷりを発揮しますが、アカデミーの硬直した教育に嫌気が差し、美術界を改革すべく「ラファエル前派兄弟団」を結成します。
なぜラファエル(ラファエロの英語読み)が槍玉に挙げられたかというと・・・ロンドンのナショナル・ギャラリーが、ラファエロの「キリストの変容」の複製をずっと展示していたからだそうです。ラファエロ以降、美術が堕落していったのだというのが彼らの持論・・・。ラファエロの作品も好きな自分としては、複雑な気持ちですが。(苦笑)



参照:ラファエロ・サンツィオ「キリストの変容」
(この絵の何がいけないのか、自分にはわからないのですが・・・;)




「オフィーリア」
ミレイの作品で最も有名なのがこれ。
(印象派の)ミレーといえば「落ち穂拾い」、(ラファエル前派の)ミレイといえば「オフィーリア」が真っ先に挙げられるのではないでしょうか。
説明するまでもないとは思いますが、画題はシェイクスピアの『ハムレット』より、恋人に父親を殺され、錯乱して溺死した悲劇のヒロイン、オフィーリアです。

この絵を描くために、ミレイは浴槽をアトリエに持ち込み、モデルを何時間も水に漬けたままにしたのだそう。一応、ランプを下から照らして暖めていたみたいなのですが、それが消えてしまって水風呂に・・・
モデルは当然風邪を引き、父親が怒って医者代を払わせたとのことです。何してんだミレイ・・・

つづきを表示
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top
copyright © 天球美術館 all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。