DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/06/21(土)   CATEGORY: バロック
聖女アグネス

ホセ・デ・リベラ「聖女アグネス」
大きい画像はこちら

アグネスはコンスタンティヌス帝の時代、ローマに生まれた貴族の娘。
当時13歳にして、あまりの美貌ゆえに高級官僚の息子が目をつけ、嫁にしたいと言い出しました。
しかし敬虔なキリスト教徒である彼女が拒んだため、その息子は父親の権力を使って彼女を捕らえます。そして全裸にさせて市中を引き廻させるという蛮行に。
しかし、そこで奇蹟が!
何と、彼女の髪の毛がするすると伸びてきて、全身を覆ってしまったのです。

上の絵は、長い髪に覆われたアグネスの図。背景は真っ暗ですが、恐らく牢の中ではないでしょうか。

アグネスはその後、火あぶりにされるものの、火傷一つ負いませんでした。最後は斬首の刑に処されてしまうのですが・・・。

彼女の生きた時代は、まさにキリスト教迫害の最末期。
彼らの受難の日々の終止符を打つ、こんな伝承も残されています。

コンスタンティヌス帝の娘コンスタンティアは重い病(癩病)にかかっており、その快癒をローマの神々に祈っていたものの、いっこうに治る気配がありませんでした。そうして、ついに向かったのが、聖女アグネスの墓。
そこで彼女が祈りを捧げると、夢の中にアグネスが現れました。そして目が覚めた時、コンスタンティアの病は完全に治っていたのです。
その後、彼女は父の反対を押し切ってキリスト教に改宗し、一生を信仰に捧げたのでした・・・。

伝承の真偽のほどは謎のまま。
ただ残っているのは、コンスタンティヌス帝の発した信教の自由の勅令――いわゆる「ミラノ勅令」のみ。
これにより、彼はローマ帝国史上初のキリスト教皇帝となるのです。


Wikimedia Commons
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*2 ] page top
copyright © 天球美術館 all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。