DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/05/18(日)   CATEGORY: 美術展レビュー
アンカー展

松本市美術館で、会期終了間際の「アンカー展」に行ってきました。
アルベール・アンカーは19世紀スイスの画家。「ハイジの国から松本へ」というコピーの通り、「ハイジ」の著者ヨハンナ・シュピーリと同時代の人物です。(ちなみに、Bunkamuraで開催されていた時のコピーは「故郷スイス村のぬくもり」でした)

日本での知名度は、まずほとんどありません。自分も、この展覧会がなければ一生知らずに終わった可能性が高いです。よく開催してくれたものだと思います。主催者に感謝したいですね。そのくらい、とても素晴らしい本格的な回顧展でした。



「少女と2匹の猫」
展示室に入ってすぐ目に付く作品。そして一気にこの画家の世界に引き込まれる作品でもあります。
動物と子供は反則でしょう!!(笑)
日本人の好感度は、この時点で一気に急上昇だと思います。
ちなみにポストカードは売り切れでした。



「おじいさんの膝で眠る孫娘」
ハイジーー!!
と、思った人はどのくらいいるでしょうか。日本人スイスに対するイメージが完全に具現化されていると思います。
と、しょうもないコメントばかり載せてどうする。(汗)



「新聞を読むおじいさん」
またもおじいさんを上げてしまいました。
この時代、老農夫たちはかなり世相に関心を持っており、新聞を読んでいたのだそうです。識字率ってどのくらいだったのでしょうね。
以前に「ロシア絵画の真髄」展を観た時には、寒さと貧しさに覆われた農村があまりにも痛々しくて辛かったのですが、今回はずいぶんと趣が違いました。
もちろん、アンカーフィルターを通しているからかもしれませんけれども。



「祖国に帰る1830年の兵士」
1830年のパリ7月革命から帰ろうとする兵士。恐らくその途上、村の子供に道を尋ねているであろう場面が描かれています。
会場でも図録でも、ギュスターヴ・クールベの「こんにちは、クールベさん」と関連がある、という説明がされていました。が、肝心のその作品がどこにも紹介されていないことが気になります。知らない人には何のことやらサッパリではないでしょうか。(汗)
というわけで、代わりにここに載せてみます。


※参照画像
ギュスターヴ・クールベ「出会い こんにちは、クールベさん」(1854年)
右側がクールベ。スポンサーとの出会いを、まるで歴史画のように大仰に描かれているため、非難を受けました。(というか、クールベはそもそも美術界に真っ向から立ち向かう性格の人間で、他にもいろいろと新たな試みをしました)
確かにアンカーの作品とも似ています。ちなみにアンカーの方は1872年作です。



「髪を編む少女」
今回の展覧会で一番心に残った作品です。解説にもありましたが、どことなくフェルメールの雰囲気を感じますね。
全体的に、編み物をする姿の絵が多かったのですが、こちらも構図としてはほぼ同じ。伏し目がちに、集中して一点を見つめる横顔というのはとても美しいと思います。


本当はもっとたくさん載せたいところなのですが、それを始めるとキリがないのでこの辺で。
とても優しい空間に包まれた、素晴らしい展覧会だったと思います。観ていて心が温かくなれました。そして子供たちが、みな賢そうな面立ちをしていたのも印象深かったです。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*5 ] page top
copyright © 天球美術館 all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。