DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/02/23(土)   CATEGORY: 新古典主義
アモルとプシュケ

アントニオ・カノーヴァ「アモルとプシュケ」
大きい画像はこちら

彫刻シリーズ、もうちょっと続きます。
カノーヴァはイタリアの彫刻家。新古典主義の代表たる人物です。
このなめらかな肌の表現は、まさに新古典主義という感じがします。絵画の代表はアングルあたりが思い出されますが、あちらもやはり陶器のような肢体が特徴です。



ジャン・オーギュスト・ドミニク・アングル「泉」
逆に人間らしい質感がないとも言いますが・・・
ロマン派のドラクロワとは画風も性格も正反対でした。


さて今回のお題です。
アモルは、英語ではキューピッド。アフロディテ(ヴィーナス)の息子で、幼い天使のような姿で描かれることが多いです。青年姿で描かれるのは、主にこのプシュケとのエピソードの時。何しろ恋物語ですから、幼児ではいかんでしょう。(苦笑)

元ネタは神話ではなく、小説「黄金のろば」の挿話から。
美しき王女プシュケは、アモルの正体を知らぬまま恋人同士になりましたが、会うのはいつも暗闇の中と決まっていました。ある夜、好奇心に負けたプシュケは、アモルの眠っている間にその姿を見てしまいます。
怒って立ち去るアモル。失った恋人を探し求めるプシュケ。そこへアフロディテが無理難題を言いつけ、それを一つ一つ解決しなければならなくなりました。(これぞまさに嫁いびりですか)
その中の一つ、冥界から美の小箱を持ってくるように言われ、またも好奇心を抑えきれずに開けてしまい、眠りについてしまうプシュケ。(懲りることを知らないのですか、お嬢さん)
しかし、実は逃げたもののプシュケを探していたアモルはその姿を見つけ、ゼウスにお願いして最後はめでたく結ばれたのでした。

カノーヴァの作品では、睦み合う二人の姿が大変なまめかしく作られております。
少し無理な体勢のような気がしないでもないですが。(苦笑)



フランソワ・ジェラール「アモルとプシュケ」
同じテーマで、同じ新古典主義の作品です。
2005年のルーヴル展で実物を観てきました。筆跡がわからないほどなめらかに、丹念に塗りこめられています。
プシュケはどこか恥じらうような素振りを見せ、恋人同士になった頃の初々しさが感じられますが、その時には暗闇でしか会っていないはずなので、晴れて結ばれた後なのかもしれませんね。


Web Gallery of Art
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2008/02/10(日)   CATEGORY: バロック
改悛するマグダラのマリア
ペドロ・デ・メーナ「改悛するマグダラのマリア」
全体像
→大きい画像はこちら

メーナはバロック期、スペインの彫刻家。
17世紀のスペインでは、木彫の聖人像が多く作られました。こちらもその一つ。

このマグダラのマリアは、筵をまとった粗末な身なりです。木彫りなだけに、いっそうその雰囲気が伝わってきますね。大理石なんかだと、どうしても派手な印象がありますから。(笑)
この彫像は等身大ということなので、実際には結構な大きさだと思います。

手にしているのは、磔刑キリスト人形つきの十字架。この角度だとよくわかりませんが、間違いないかと。

マグダラのマリアは、キリスト教の宗教画では聖母に次ぐ大人気のヒロインなので、数多くの作品が生まれました。
しかし、こうした華奢な体つきで粗末な身なりの方が、イメージにはかなり近いのではないかと思います。



ティツィアーノ・ヴェチェリオ「改悛するマグダラのマリア」
同じテーマでありながら、この違い・・・。
というか、ふくよかすぎませんか巨匠。(汗)
女性の美しさ(官能美)を前面に押し出したい大先生は、彼女が貧しい娼婦だという事実には目をつぶることにした模様です。



ジョルジュ・ド・ラ・トゥール「灯火の前のマグダラのマリア」
マグダラのマリアというと、ラ・トゥールのこの連作のイメージが強いです。ゆえに金髪や巻き毛のマリアがどうも違う人物に見えて困ります。(苦笑)


Museo Naxional del Prado
Web Gallery of Art
[ TB*0 | CO*2 ] page top
copyright © 天球美術館 all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。