DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2007/12/09(日)   CATEGORY: バロック
大天使ミカエル

ルカ・ジョルダーノ「大天使ミカエル」
大きい画像はこちら

戦う美形というリクエストを頂きましたので、今回はこんな作品を選ばせていただきました。イタリア・バロックの画家ジョルダーノの「大天使ミカエル」(堕天使を地獄に突き落とす大天使ミカエル)。

タイトルの通り、堕天使を踏みつけ、剣をふるい、まさに奈落の底へ突き落とそうとしております。
大天使のトップに立つミカエルは、戦いを担当しております。よって戦争の守護天使でもあるのです。侵略軍との戦いの際には、ミカエルの旗が掲げられていました。

この絵は、神に叛逆してクーデターを起こした堕天使、すなわち悪魔に転じたサタンとの戦いのシーンです。
実にわかりやすい構図とテーマになっておりますね。
手にした剣は、天の武器庫の収蔵品。どんなものでも一刀両断できる黄金の剣です。

フランスの世界遺産モン・サン・ミシェルも、ミカエルが修道士の夢に現れたことがきっかけでできたものですし、なかなかに人気の根強い大天使様であります。

ナンバーツーは、聖母に受胎告知を行ったガブリエル。こちらも美術品には多数出現しています。というか、受胎告知を探せばまず見つかりますからね。

元は同じ神から派生したイスラム教でも、ミカエルは登場しています。
ミカールと呼ばれる天使は、しかしムハンマドに啓示を与えたジブリール(ガブリエル)と立場が逆転して、ナンバーツーとして扱われています。


戦うミカエルをもう一点。


ラファエロ・サンツィオ「大天使ミカエルと竜」

とかく竜を悪の権化とする西洋文化らしい作品です。東洋文化とは根っこの部分から違うのだと感じるのは、こういう時。
しかし異形の生物が実に漫画チックですね・・・(笑)
ボッスやグリューネヴァルトあたりに竜を描かせたら、こんなことにはならないのでしょうけど。


せっかくなので、戦うイケメンvsドラゴンをもう一点。

ラファエロ・サンツィオ「聖ゲオルギウスと竜」

同じくラファエロの作品です。
相変わらず竜が弱そう・・・。

昔、リビアの町で、人食い竜が住みついたために若者が次々に捧げられ、最後に残った王女が供されようとした時、ふらりと現れた謎の騎士ゲオルギウスが悪竜成敗、見事王女を救ったという伝説を元に描かれています。
そんなわけでゲオルギウスは武運の守護聖人とされているのですが・・・もっと早くに出て行ってやれよ、ゲオルギウス。とつい突っ込みたくなります。最後の一人になった時に行ってもなあ。ていうか、平民まるっきり無視かよ、と言わずにはいられません。(苦笑)

なお、ゲオルギウスはイングランドの守護聖人となったため、イギリスの最高勲章は聖ジョージ(ゲオルギウスの英語読み)勲章とされています。

Web Gallery of Art
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*2 ] page top
copyright © 天球美術館 all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。