DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2007/10/27(土)   CATEGORY: 20世紀以降
女蛇使い

アンリ・ルソー「女蛇使い」
大きい画像はこちら

アンリ・ルソー。巨匠にまで上りつめた恐るべき素人画家。

税関吏をやっていて40歳から絵を始めたとか、稚拙な絵だと馬鹿にされていたとか、本当は戦争どころかフランスを出たこともないとか、そんな数々の逸話はもはや伝説の域に達しているので、ここではそうしたことは省いてしまいます。

ルソーの作品はどれも、微妙に子供が描いたような「へたうま」感が付きまとうのですが、それでも自分は結構好きだったりします。ここで紹介しているのは割と写実的な絵が多いのですけれども。
(いや、本当はシュルレアリスムとかもかなり好きなのですが、ほとんどが著作権が切れていないため、画像を載せられないんですよね・・・)

それはともかく、今回ご紹介するのは「女蛇使い」。
ルソー作品の中で自分が一番惹かれたのがこの絵です。
月明かりの下、ふくよかなシルエットが浮かび上がり、瞳だけが光ってこちらを向いています。水辺にたたずむ女も、笛の音に寄せられた蛇たちも、どこか禍々しい空気をかもし出すものの、画のほとんどを埋める密林の緑が驚くほどの調和を与えています。
何とも不思議なアンバランスさ。


これに似た、静けさと危うさを兼ね備えた作品がこちら。


「眠れるジプシー女」

一人の放浪のジプシー女が、マンドリンと水差しをかたわらにして、くたびれきって眠り込んでいます。ライオンが通りかかって匂いをかぐのですが、食べはしません。これはとても詩的な月のせいなのです――
ルソー自らが、故郷の市に対して手紙でそう語ったそうです。

眠りこけた人間と、それに鼻先を突きつけるライオン。本来ならば、ひやりとしなければならないはずの状況なのに、この絵を観てもそうした感じは受けません。ルソーの目というフィルターを通して、危うさが濾過されてしまったかのように。


「女蛇使い」は「眠れるジプシー女」の10年後に描かれました。
2つの作品に共通するのが、この調和の中に潜む危うさ、もしくは危うさを孕んだ調和ではないでしょうか。
素人画家の純心さが生んだものか、それとも詩的な月の魔力によるものなのか・・・


Mark Harden's Artchive
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*2 ] page top
copyright © 天球美術館 all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。