DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2007/09/22(土)   CATEGORY: 美術展レビュー
ヴェネツィア絵画のきらめき

「ヴェネツィア絵画のきらめき ―栄光のルネサンスから華麗なる18世紀へ―」を観て参りました。実際に行ったのは1週間前だったので、少し遅れてのレビューになります。
(・・・というか、2か月ぶりの記事ですね、これ。遅くなりましてすみません;)

今回の目玉であり、最も輝いていたのはやはり、巨匠ティツィアーノの作品でした。


ティツィアーノ・ヴェチェリオ「洗礼者ヨハネの首をもつサロメ」
大きい画像はこちら

少し陰のある、美しい娘が生首を抱えています。美女と生首の絵は、サロメかユディトのどちらかですが、この場合はサロメ。タイトルを見ずに判断する場合、たいていは剣を持っていればユディト、という見分け方で良いかと思います。この絵では後ろに侍女が控えているので、剣があればユディトと言っても差し支えなかったでしょう。
ただし、この意味ありげな妖艶さは・・・やはりサロメでしょうかね。(苦笑)
(ユディトについてはこちらからどうぞ)
ヨハネの生首は、ティツィアーノの自画像であると考えられているようです。カラヴァッジョもやってますけどね、同じこと。


人物画で気になったもう一つの作品はこちら。

ドメニコ・フェッティ「メランコリア」

メランコリアについては、前回のデューラー作品で述べた通りです。
デューラーの影響を受けたかもしれないとも考えられているようですが、ポーズや頭蓋骨などのモチーフも本作とは異なっています。
実に物憂げな様子が伝わってきますね。アンニュイ。
つづきを表示
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*2 ] page top
copyright © 天球美術館 all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。