DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/09/24(日)   CATEGORY: バロック
ユディトと召使い

アルテミジア・ジェンティレスキ「ユディトと召使い」
大きい画像はこちら

いきなり舞台も画法もがらりと変わりました。
いったいなぜこれを選んだかと言いますと、前回の「スキピオの自制」で、差し出された美女が実はユディトのような女傑だったら歴史が変わっただろうな・・・と思ったからです。

さて、このユディト。
物語の舞台は旧約聖書の「ユディト記」より。
ユディトはユダヤのベトリアという町に住む、美しい未亡人。(旦那は日射病で死んだという)
ある時、アッシリア軍が攻めてきて町は大ピンチ。そこでユディトは着飾って敵将ホロフェルネスの寝所を訪ねます。喜んで迎え入れたホロフェルネスは・・・ご覧の通り、生首となってしまったのでした。
しかも自ら剣をふるって・・・その剣を担いで「一仕事終えた」という様子が上の作品です。

まあ、実話でない可能性も高い話ではあるようですがね・・・。
ともあれ、生首とともに描かれる美女はたいてい、このユディトかサロメかどちらかということになります。

なお、作者のアルテミジアについて。
この人は最初の女流画家と呼ばれる人です。同じく画家のオラツィオ・ジェンティレスキの娘で、父娘ともにカラヴァッジョ派に属します。
父がクロード・ロラン(ローマで活躍した風景画の大家)の師であるタッシという男に娘を師事させたのですが、これが運命の分かれ道。彼女はタッシに手篭めにされ、しかも裁判にまで発展することになったのです。それも現代のような裁判ではなく、攻め具を使った拷問まで受けて・・・。
そんな傷ついた彼女を救ったのが、同じく画家の男性で、後に結婚することになります。(・・・が、数年後には離婚します;;)

まさに運命に翻弄されるような女性でしたが、このユディトの強い目を見ると、彼女もまた決して屈しない強い意志の持ち主だったのだろうなと思います。そんな理由もあって、なかなか感慨深い作品であります。生首だけど。

さらにホロフェルネス殺害シーンの絵もありますが、グロテスクなのが苦手な方はご注意。
つづきを表示
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*2 ] page top
DATE: 2006/09/16(土)   CATEGORY: バロック
スキピオの自制

アンソニー・ヴァン・ダイク「スキピオの自制」
大きい画像(画像元:Arcadian Galleries

ハンニバルが来たら次はスキピオでしょう! ということで、次のお題はハンニバルの宿命の好敵手、プブリウス・コルネリウス・スキピオ、後に「スキピオ・アフリカヌス」と呼ばれる人です。
スキピオは現在のイタリア国歌にも出てくるそうで・・・まさにローマの英雄ですね。

さてこのたびの画題について。当時26歳のスキピオが第二次ポエニ戦争で勝利した後、占領された街で若い娘が差し出されたのですが、彼はその娘に婚約者がいたので申し出を断り、親元に帰してやった――という美談であります。
そのためか、スキピオに関してはこのテーマの絵が多いようです。

ちなみによそのサイトでは、ハンニバル率いるカルタゴ軍に勝利し、カルタゴを占領したスキピオ・アフリカヌスが~などと書かれていましたが、これはちょっと違うようです。
このエピソードは紀元前209年のことで、実際にカルタゴを破るザマの会戦の7年も前のことです。しかも舞台はカルタゴではなくスペインで、その時に戦った駐留部隊にハンニバルはおりませんでした。(さらに言えば、「アフリカヌス」という呼び名はカルタゴ征服後なので、この時にはまだその名前ではない)
まあ、細かいことではあるんですけどね。(汗)
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2006/09/09(土)   CATEGORY: ロマン主義
吹雪―アルプスを越えるハンニバルとその軍勢

ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー
「吹雪―アルプスを越えるハンニバルとその軍勢」


引き続きローマ史ネタより。といっても、今回はカルタゴですが。
ハンニバル戦役、すなわちポエニ戦争といえば、古代西洋史でもっとも有名な戦いの一つです。特に有名なカンネの戦いは、現代の士官学校でも(西洋では)必ず学習するというほどですから。

そしてターナーの絵ですが・・・正直、どこに肝心のハンニバルがいるのかよくわかりません。(汗)
象に乗っているのがそうだというのですが・・・どこですか。
カルタゴというのは今のアフリカに生まれた豊かな国家でした。現代ではちょっと想像しにくいのですが、当時のアフリカは肥沃な大地に恵まれていたのです。
アフリカなので、もちろん象もいます。戦争では「戦車」の代わりに使われておりました。ハンニバルは冬のアルプス越えにも象を連れて行ったのですが、途中で何頭も脱落し、いざ戦闘になると言うことをきかず、一頭も役に立たないまま失われてしまったのでした。何のための象なのか・・・。

ところでこの絵が出展された当時は、ナポレオンに対する皮肉だと受け取られたようです。
発表された1812年というのは、実にナポレオンのロシア遠征の年なんですね。ただ、ハンニバルは冬のアルプスを越えてローマ軍を蹴散らしたものの、ナポレオンはその逆でしたがね・・・。(とはいえハンニバルは最終的に敗北を喫しますが、当時最高の戦術家であったことは間違いないでしょう)

何だか絵そのものの説明が不足しておりますが(一応ターナーの画集を持っているくせに)、決死の思いでアルプスを越える軍に襲い掛かる冬の猛威を感じさせられます。
ちなみにターナーは、初期の絵の方が好みです。

大きい画像はこちら
画像元:Web Gallery of Art
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2006/09/03(日)   CATEGORY: ルネサンス
ルクレツィア

ルーカス・クラナハ「ルクレツィア」

前回に続いてローマ史ネタです。
紀元前7世紀、初期王政を廃して共和政が開始する発端となった貞女ルクレツィア。

初期王政の最後の王タルクィニウス。その息子の一人、セクストゥスという青年が、人妻(しかも親族の妻)ルクレツィアに横恋慕したのです。貞操を奪われたルクレツィアはその夜の内に、自分の仇を討ってくれるよう父と夫に頼むと、その場で自刃します。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2006/09/02(土)   CATEGORY: 新古典主義
ホラティウス兄弟の誓い

ジャック・ルイ・ダヴィッド「ホラティウス兄弟の誓い」

同じ画像ばかりになってしまったので、続けてちょっと違う絵も上げてみます。
今回はダヴィッドの「ホラティウス兄弟の誓い」。ダヴィッドというとナポレオンの戴冠式などのほうが思い浮かぶ、ナポレオンの宮廷画家です。
が、自分はこちらの作品の方が好きだったりします。(ナポレオン展は観に行きましたが)

舞台は紀元前7世紀のローマ。まだまだ帝国どころか、共和政すら始まっていなかった黎明期。隣国アルバロンガと戦争が勃発しそうになった時、両国の代表3人同士が剣による決闘で勝負を決めようということになりました。まあ、最も犠牲が少ないやり方ですね。
ローマ側の代表はホラティウス家の兄弟3人。その兄弟たちが、戦いの前に父に誓いを立てるシーンであります。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2006/09/02(土)   CATEGORY: バロック
真珠の耳飾の少女

ヨハネス・フェルメール「真珠の耳飾の少女」

第1回の作品は、フェルメールです。
好きな画家は誰かと訊かれれば、真っ先に思い浮かぶのがフェルメールです。

トルコ風のターバンを巻いていることから、別名「青いターバンの娘」とも言われます。こちらを振り返るように見つめる瞳と、耳の真珠が、思わずどきりとするような光を放っています。その謎めいた美しさから、「北方のモナリザ」と呼ばれたりもします。

モデルの人物については不明なままです。17世紀のオランダで、特定の肖像とはいえない人物画のことを、「トローニー」と言います。この作品もまたトローニーの一つなのでしょうか。

同タイトルの映画にもなりました。
デルフトの風景が見事に再現されており、それだけでも観る価値はあると思います。
真珠の耳飾りの少女 通常版

なお、映画のレビューはこちら
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2006/09/01(金)   CATEGORY: はじめに
はじめに
このたび、趣味が高じて美術語りブログを開設することとなりました。
初めは携帯用の名画待受サイトをやっていこうと考えていたのですが、様々な事情により、素材配布よりも美術語りをメインに据えることにしました。たまにオマケで素材もつける場合もあるかと思います。
人様に配るものを作ろうとすると、なかなか難しいのだということをよく理解した次第です。(苦笑)

管理人は特にバロック期の作品が好きです。
20世紀の作品にも好きなものはありますが、著作権の問題もあって画像を載せることができないため、そういう場合は画像を載せているサイトにリンクを貼ることにします。

なお、自分は決して専門的に学んだわけではなく、単なる美術ファンの一人です。深く突っ込まれてもよくわかりません(汗)。その辺りのところをご了承いただければ幸いです。
また、オススメのサイトや作品がありましたら是非教えてください。

それでは、どうぞよろしくお願いします。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
copyright © 天球美術館 all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。