DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/02/23(土)   CATEGORY: 新古典主義
アモルとプシュケ

アントニオ・カノーヴァ「アモルとプシュケ」
大きい画像はこちら

彫刻シリーズ、もうちょっと続きます。
カノーヴァはイタリアの彫刻家。新古典主義の代表たる人物です。
このなめらかな肌の表現は、まさに新古典主義という感じがします。絵画の代表はアングルあたりが思い出されますが、あちらもやはり陶器のような肢体が特徴です。



ジャン・オーギュスト・ドミニク・アングル「泉」
逆に人間らしい質感がないとも言いますが・・・
ロマン派のドラクロワとは画風も性格も正反対でした。


さて今回のお題です。
アモルは、英語ではキューピッド。アフロディテ(ヴィーナス)の息子で、幼い天使のような姿で描かれることが多いです。青年姿で描かれるのは、主にこのプシュケとのエピソードの時。何しろ恋物語ですから、幼児ではいかんでしょう。(苦笑)

元ネタは神話ではなく、小説「黄金のろば」の挿話から。
美しき王女プシュケは、アモルの正体を知らぬまま恋人同士になりましたが、会うのはいつも暗闇の中と決まっていました。ある夜、好奇心に負けたプシュケは、アモルの眠っている間にその姿を見てしまいます。
怒って立ち去るアモル。失った恋人を探し求めるプシュケ。そこへアフロディテが無理難題を言いつけ、それを一つ一つ解決しなければならなくなりました。(これぞまさに嫁いびりですか)
その中の一つ、冥界から美の小箱を持ってくるように言われ、またも好奇心を抑えきれずに開けてしまい、眠りについてしまうプシュケ。(懲りることを知らないのですか、お嬢さん)
しかし、実は逃げたもののプシュケを探していたアモルはその姿を見つけ、ゼウスにお願いして最後はめでたく結ばれたのでした。

カノーヴァの作品では、睦み合う二人の姿が大変なまめかしく作られております。
少し無理な体勢のような気がしないでもないですが。(苦笑)



フランソワ・ジェラール「アモルとプシュケ」
同じテーマで、同じ新古典主義の作品です。
2005年のルーヴル展で実物を観てきました。筆跡がわからないほどなめらかに、丹念に塗りこめられています。
プシュケはどこか恥じらうような素振りを見せ、恋人同士になった頃の初々しさが感じられますが、その時には暗闇でしか会っていないはずなので、晴れて結ばれた後なのかもしれませんね。


Web Gallery of Art
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2007/07/07(土)   CATEGORY: 新古典主義
リュコメデス王の宮殿のアキレウス

ポンペオ・ジローラモ・バトーニ「リュコメデス王の宮殿のアキレウス」
大きい画像はこちら

2週間も断頭台の少女を上げっぱなしだったので、今度はずいぶん色合いの違ったものにしてみました。

アキレウスはトロイア戦争に参加すれば死ぬと予言されていたため、母テティスは息子を女装させてリュコメデス王の宮廷に隠しました。
そもそもテティスは「父を越える息子を産む」という予言があったため、好色なゼウスが手に入れるのを諦めた・・・という逸話がありました。確かに父を越え、立派な武人になったはずなのですが・・・しかし女装。(汗)

そしてその頃、トロイア戦争は十年にも渡って膠着状態。そろそろ帰ってもいいんじゃないかとも思うのですが、遠いイタケ島から参加していたオデュッセウスは、アキレウスを引っ張り込むためにリュコメデスのところまでやってきたのでした。(って、隠してもバレてるし・・・;)

何しろ希代の「策士」と名高いオデュッセウス。一計を案じた彼が持ってきたのは、宮廷女性たちへの「おみやげ」。
宝飾品に目を奪われる女性たちの中で、一人だけおかしな人がいます。
そう、それがアキレウス。なぜか丹念に剣を見つめています。
これで正体がバレてしまったアキレウスは、オデュッセウスに引っぱられてトロイアへと向かうのでした・・・。

たくましい二の腕や腰つき、足首など、どう見てもゴツイ武人らしいです。それだけで充分怪しすぎるのではないでしょうかね。


ちなみにこの絵を初めて見た時は画風からロココかと思ったのですが、バトーニは新古典主義の先駆けとして分類されるようです。


CGFA
[ TB*0 | CO*2 ] page top
DATE: 2007/04/07(土)   CATEGORY: 新古典主義
屋根の上で祈る人たち

ジャン・レオン・ジェローム「屋根の上で祈る人たち」
まさにアカデミーらしい作風の画家です。オリエンタリスム絵画の代表的な人物でもあります。
まるで静かな映像を観ているような気分になります。切り取られた瞬間を選ぶ眼は、画家というより写真家に近いのかもしれません。

さて今回は、このジェローム作品を集めてみました。



「祈祷時報係の呼ぶ声」
邦題ではどう呼ばれているのかわからないので、かなり意訳してしまいました。
英題では "A Muezzin Calling from the Top of a Minaret the Faithful to Prayer"
「ミナレット(イスラム寺院の高い塔)の上から祈り人を呼ぶ祈祷時報係」という意味になりますかね。(何と中学生的な訳し方)
この構図がとても良いです。
ムスリムにとって非常に重要な、一日五回の礼拝。となれば、祈祷の時間を知らせる係も重要な役目なのだろうと思います。



「ハレムのプール」
ジェロームの得意な主題がこのハレム。天井から差し込む光が、本来けだるい空間に清新さを与えています。



「ハレムの周遊」
ハレムのご一行様の舟遊び・・・でしょうか。日没の情景と溶け合って、オリエンタリスムの本領発揮です。
[ TB*0 | CO*2 ] page top
DATE: 2007/03/31(土)   CATEGORY: 新古典主義
コリントの乙女

ジョセフ・ライト「コリントの乙女」

古代、コリントの乙女は遠くへ旅立つ恋人の姿をとどめようと、灯火に照らされた横顔の影の輪郭をなぞったという――
これがプリニウスの『博物誌』に記された絵画の起源です。
まさに肖像画の始まった瞬間とも言えるでしょう。

今回は「肖像画」というリクエストに対し、ストレートではなくこんな変化球を投げてみましたがいかがだったでしょうか。(苦笑)

ジョセフ・ライトはイギリスのダービー出身で、「ライト・オブ・ダービー」というペンネームを用いていました。当時の科学実験などをモチーフにした作品が多く、またランプによる光と影を巧みに描く画家でした。
なめらかな筆致はまさに新古典主義ですが、後のロマン派にも影響を与えました。


さて今度はノーマルに、自分の好きな肖像画を紹介させていただきます。


ジャン=バティスト・カミーユ・コロー「真珠の女」
近所の織物商の娘をモデルにした作品ですが、古代の衣装や小道具をそろえて着させるほどの念の入りよう。もちろん、モナリザになぞらえて描かれたものです。
「真珠の女」というタイトルは、髪に飾られた葉が真珠のように見えたことからつけられたそうです。
自分はどちらかというと、着飾って気取った貴人の肖像画よりも、こういう落ち着いた雰囲気の作品に惹かれます。


カミーユ・コード。


次は自画像です。


アルブレヒト・デューラー「1500年の自画像」
それまで自画像というものは、作品の中に登場するという形で描かれるものでしたが、このデューラーは実に堂々と単身の自画像を描きました。しかも、当時としては異例なことに真正面から。
もちろん鏡の普及が美術史に影響を与えたわけですが、いつの世もトップバッターというのは型紙破りなものです。見ての通り、自身をキリストになぞらえて描かれています。
その瞳には、強い決意の色が表れています。
アルブレヒト・デューラー、当時28歳。

Web Gallery of Art
[ TB*0 | CO*2 ] page top
DATE: 2006/09/02(土)   CATEGORY: 新古典主義
ホラティウス兄弟の誓い

ジャック・ルイ・ダヴィッド「ホラティウス兄弟の誓い」

同じ画像ばかりになってしまったので、続けてちょっと違う絵も上げてみます。
今回はダヴィッドの「ホラティウス兄弟の誓い」。ダヴィッドというとナポレオンの戴冠式などのほうが思い浮かぶ、ナポレオンの宮廷画家です。
が、自分はこちらの作品の方が好きだったりします。(ナポレオン展は観に行きましたが)

舞台は紀元前7世紀のローマ。まだまだ帝国どころか、共和政すら始まっていなかった黎明期。隣国アルバロンガと戦争が勃発しそうになった時、両国の代表3人同士が剣による決闘で勝負を決めようということになりました。まあ、最も犠牲が少ないやり方ですね。
ローマ側の代表はホラティウス家の兄弟3人。その兄弟たちが、戦いの前に父に誓いを立てるシーンであります。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
copyright © 天球美術館 all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。