DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2007/04/15(日)   CATEGORY: ゴシック
スクロヴェーニ礼拝堂壁画「ユダの接吻」

ジオット・ディ・ボンドーネ「スクロヴェーニ礼拝堂壁画」より「ユダの接吻」
大きい画像はこちら

ちょっとアカデミーな新古典主義が続いたので、今度はずっと時代を遡ってゴシック絵画を紹介しようと思います。

今回は14世紀イタリアの代表的な作品である「スクロヴェーニ礼拝堂壁画」です。
北イタリアの商人エンリコ・スクロヴェーニは、父親が高利貸しをしており、その贖罪のために礼拝堂を建てたのでした。

こちらが内装です。壁一面に作品。

よく個人でここまでのものを作りましたね、本当に。

さて今回のメインは「キリスト伝」の中の「ユダの接吻」のシーンです。
この壁画は漫画のコマのように次々と物語の場面が描かれておりますが、その中でも最も有名なクライマックスのシーンがこちらです。
裏切ったユダが、「私が接吻する人がイエスだ」と捕縛人たちに言っておいて、何食わぬ顔をして師に接吻するところですね。

しかし、この作品で目を引くのは中心であるキリストとユダよりも、実はペテロです。

この人、キリストを捕まえに来た男の耳を切るんですが・・・背後から切ってるし。正々堂々とやらんかい!と、思わず言いたくなります。ペテロは「私はイエスなんて知らない」と3回も否定したり、ゲッセマネで眠りこけたり、師を疑って海に落ちたりと、いろいろ小心なところを見せてくれる人です。ジオットもその辺の性格をよくわかっていて、こんなシーンを描いたのではないでしょうか。なかなかに味のある画家です。さすがは漫画家の祖。

Web Gallery of Art
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2007/01/01(月)   CATEGORY: ゴシック
新年の祝宴につくベリー公

ランブール兄弟
「ベリー公のいとも豪華なる時祷書」より「新年の祝宴につくベリー公」

大きい画像はこちら

新年明けましておめでとうございます。
もともとは自分のスクラップブックとしてこっそり始めたブログではありましたが、細々ながらも何とか年を越して続けることができました。
昨年9月から始まって、紹介記事数18、紹介画像43でした。今年はもっといろいろな作品を載せたいと思います。

さて今年最初の作品は、ランブール兄弟の「ベリー公のいとも豪華なる時祷書」より、1月の暦に描かれる「新年の祝宴につくベリー公」です。
ベリー公はすなわち芸術家のパトロンでした。ネーデルラント出身のランブール兄弟は、フランスのベリー公の宮廷でこの「ベリー公のいとも豪華なる時祷書」を製作しました。

当時(14世紀頃)はフランスのゴシック美術がヨーロッパに広まり、さらにイタリア美術が吸収され、ネーデルラントの画家がフランスに流れ込むなど、国際色豊かな芸術が展開されました。これを「国際ゴシック様式」と呼びます。
この「ベリー公のいとも豪華なる時祷書」も、豪華な枠取りの飾りなど、イタリア美術の影響を大きく受けています。


なお、1月1日というと、キリストの生誕から8日目にあたり、ユダヤの風習から言えば割礼の日とされます。
そこで、キリストの割礼を描いた作品をこちらに載せてみます。


フェデリコ・バロッチ「キリストの割礼」
本来は別の作品を載せたかったのですが、なかなか見つからず。(探していたのはトゥカー祭壇画の画家とマンテーニャの作品です)
また、バロッチの作品も大きい画像があまりありませんでした。(汗)
ここに掲載しているのは、AllPosters.co.jpの画像ですが、もっと大きくて解説付きの画像はこちらからどうぞ。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
copyright © 天球美術館 all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。